テスト

カシュガル(緑色のタイルの意味) カシュガルはウイグルで最も早くイスラム教が入ってきた もっともウイグル色が強いところ

カシュガル
カシュガル2

10世紀 カシュガルにトルコ系イスラム国家 カラハン朝を起こす 住民はイスラムに回収 しかしカラキタイ(トルキスタン系国家)に滅ぼされる
13世紀にはモンゴル帝国が支配する 15世紀には西から来たティムール帝国に支配される 18世紀には清朝に支配される 

〇老城 500年前の民家 古いものは千年 600世帯4000人が暮らす 迷路のような路地に小さなモスク 伝統的な壺職人や鍛冶屋 陶器職人が暮らす
 老朽化が進み地震が心配 自転車のペダルをこぎナイフを研ぐ商売人 両親ともにウイグル語しか話せないが子供は小学校で週一回中国語の勉強をする

老城2
老城

〇バザール 民族工芸品が多く売り出されている

カシュガル バザール
カシュガル バザール3
カシュガル バザール2

〇エイティガル寺院 100年前の黄色いイスラムモスク 140×120メートル 
西域最大 15世紀半ば中国一古いモスク 金曜日には1日5回5千人の人が集まる 1422年創建 1872年改築

エイティガル寺院3
エイティガル寺院2
エイティガル寺院

〇アパク ホージャ(モスクのような建物のお墓)1670年創建 1974年改築 清代 外観はタイル造り 中にはタイルで造られた棺がいくつかある
(班超記念公園)1世紀 漢代の優れた軍人(エスフハズジャジェブ墓)色鮮やかなタイルで飾られたモスクの様な造り 小学校内にある

班超記念公園
アパク ホージャ

<目次>
1ウイグルの基本情報
2クチャ キジル石窟(ウイグル西北部)
3トルファン(ウイグル東北部)
4ウルムチ(ウイグル東北部)
5ホータン(ウイグル南部)
6カシュガル(ウイグル西北部)
7タシュクルガン(ウイグル西北部)
8伊寧イーニン(ウイグル西北部)
9ブルチン県 カナス湖(ウイグル北部)
10那拉提 ナラティ(ウイグル西北部)
11アルタイ山脈(ウイグル北部)
12ニヤ遺跡(ウイグル南部)
13カラマイ(ウイグル北部)
14楼蘭遺跡(ウイグル東南部)
15米欄遺跡(ウイグル東南部)
16新疆ウイグルの追加情報!