テスト

東ティモール 面積は岩手県と同じ 海が綺麗で森も多い 通貨は米ドルを使用

(歴史)過去にポルトガルやインドネシアに支配される 1999年 国連の仲介で実現した国民投票 その結果2002年 独立 

東ティモール 2002年 独立
 

(独立から3年) 国内の物資はほぼ海外からの輸入 一日60円以内の収入 輸出できる唯一の物はコーヒー
全人口90万のうち3分の1がコーヒー栽培に携わっている コーヒーの豆造りは独立前からある産業 

マウベシ

首都ディリから80キロ マウベシ 64世帯の意習慣の売り上げは31万円 すべて米ドルで支払われる 
インドネシアの頃は品質が悪くても売れていた 安定した収入を得ていた 独立後は質が良くないと売れなくなった 

一世帯の年収は4万円 かつての2倍

(独立から6年) ギャング集団や武装集団がいてまだまだ混乱が続く 世界35の軍や警察によって治安が保たれる 
国民の7割の若者がギャング集団に所属する 貧しい人も多く土地の奪い合いが続く 

土地は紛争や混乱時に奪ったもの 今だギャングの権力が強い
土地を奪われた人々の多くはテントで暮らす 

(独立から10年) 1000人を超える犠牲者を出した 天然ガス開発のため国内に中国人が増えた 経済成長率12.8%
 

6月1日早朝ティモール島クパンに到着 夕方 飛行機でバリ島へ 友人からもらったティーモール島の写真

東ティモール 天然ガス開発