テスト

富岡製糸所(群馬)1世界中の道路を走りまくる豊田さんや本田さん!!

バンコク(タイ)やグアム(アメリカ)の町を歩いていると さすが日本人に大人気の観光地とあって多くの日本人を見かけます。
豊田さん本田さん鈴木さんそして松田さんにまで多くの日本人を見かける事になります。しかも彼らは忙しそうに道のど真ん中を猛スピードで走ってました。

さらにアメリカやタイだけではなく中東 アフリカとヨーロッパそして世界中の道路を支配するかのように走ってました。
もうお分かりですね世界中で走っている豊田さん本田さんと言えば そうです外国人に大人気の日本製の自動車でした。

日本製品は自動車だけでなくカメラやバイクそして電化製品さらには産業用機械に至るまで海外のどこへ行っても大人気のようです。
そしてそれら世界を揺るがす日本製品の原点となったのは全てあの群馬県の工場だったと言われてます。それがあの世界近代遺産の富岡製糸場でした。

もし仮に富岡製糸場がなければトヨタ ホンダは もちろん多くの日本の一流メーカーだけでなく日本の発展もなかったもしくは相当遅れていたかもしれません。 
と言う事は回りまわって日本をお手本にして発展してきた多くのアジアの国の発展もなかったと言う事になります。

その富岡製糸場は今から約130年前 絹(きぬ)産業で栄えた工場です。
そしてバンコク(タイの首都)のカオサン通り(メインストリート)を歩いているとその絹産業に欠かせないある生物が唐揚げとなってやって来ました。

それは なんとジャガイモような形をした蚕(かいこ)の蛹(さなぎ)でした。またその形は太った芋虫のようでもありました。

外観は煎ったピーナッツのように香ばしい色をしてます。そしてその蛹を一口パクリとやると皮が破れ中から〃ドロッ〃とした豆腐のような身が吹き出します。
そして口の中一杯に〃木材〃の香りが広がります。決して美味しい物ではありませんが高たんぱくでとっても栄養があるそうです。

僕は10年以上前に蚕(かいこ)の蛹(さなぎ)を中国の大連(遼寧りょうねい省)で食べたことがあります。
しかし硬い毛の生えた成虫 蚕蛾(かいこが)を食べた人は本当の勇者と言えるでしょう

世界中の道路を走る日本メーカーの自動車
唐揚げにして売られていた蚕(カイコ)の蛹(さなぎ)
養蚕業(ようさんぎょう)が盛んであった長野県ではスーパーで普通に売られてると言う

ーーーこのあと日本の近代化に大きく貢献(こうけん)した蚕の生態についてです。

富岡製糸所(群馬)2宝の糸を吐き出す偉い幼虫!!

真っ白の芋虫のように〃ぶくぶく〃太ったその幼虫は葉っぱの上を〃ニョキニョキ〃と気持ちよさそうに這(は)ってました。 
その可愛らしい生き物は日本の近代化と発展に大きく貢献(こうけん)したあの蚕(かいこ)でした。

その蚕の口からは光沢のある綺麗な生糸(きいと)が吐き出されます。たかが幼虫されど幼虫 しかしその口から吐き出される生糸は まさに宝の糸でした。

明治の終わり頃(約100年前)日本は海外に生糸(又は絹きぬ)を売って日本経済を動かしていたとも言われてます。
そして近代化に成功した日本は欧米列強を肩を並べる大国へと成長して行ったのでした。

その事についてはこの後 詳しく紹介します。それはさておき 蚕はもともと自然界には存在しない生き物だそうです。
と言う事は宇宙からやって来た生物と思われるかもしれませんが実は人工的に造られた生物でした。

今から約5千年前 日本列島では今の日本人とはだいぶ違った顔つきの縄文人が生活していました。縄文人は狩りで得た獲物を主な食糧としそのほか木の実などを食べて暮らしてました。
その頃から糸を吐き出す虫を集めていてその中でより多く糸を吐く虫とより大きな まゆを作る虫だけを選び育ててました。

そしてそれらを人工的に交配させ長~い長~い年月をかけやっと今のような綺麗な糸をいっぱい吐き出す可愛らしい蚕が誕生したのでした。

しかし5千年間もの長い間 人に飼い慣らされて来た為 蚕は自分の力で生きる事を忘れてしまいました。その為 蚕ガは全く飛ぶ事が出来ません。
そればかりか たった10センチ先の餌にも たどり着けずにそのまま餓死しまうほど脳が退化してしまいました。蚕はそのような可哀そうな生き物でもありました。 

蚕(カイコ)の人工交配は なんと5千年前から始まっていた (2)
蚕(カイコ)の口から吐き出された光り輝く宝の生糸(きいと)
蚕(カイコ)の人工交配は なんと5千年前から始まっていた (1)

ーーーこのあと遺伝子組み換えを得た蚕が人々の暮らしを変えていきます。

富岡製糸所(群馬)3将来の〃蚕カイコ〃は医療の分野で大活躍!!

ある研究室の机の上では細長い形をした小さな豆電球のような幼虫が青白い光を発しながら台の上を気持ちよさそうに這(は)いずってました。
その芋虫のような形をした光る幼虫はそうです あの可愛らしい蚕でした。しかも今日はご機嫌がよろしいようでいつも以上に光ってました。

それらの光る蚕は実は卵だった時にクラゲの光る成分を体内に注入されていたのでした。さらにこれらの蚕が吐く糸も青白く光ってました。
将来その糸でカーテンや服を造れば夜になっても照明を照らす必要はなくなるかもしれません。ただ夜の間ずっと光り続けるので寝不足にならないよう注意が必要のようです。

戦前(約70年前)は大人気であった絹(きぬ=蚕の糸で織った布)も化学繊維のナイロンが開発されるとその需要も一気に減ってしまったようです。
しかし近年 科学者の間では医療の分野で蚕が大きく活躍できる事が分かって来ました。それは遺伝子組み換え技術を採用した物でした。

その強力な遺伝子を注入された蚕の糸は手術の時に使われます。なぜならその糸はどれだけ引っ張ても切れない強力な糸だからだそうです。
そしてその蚕には なんとあのアメリカンのスパイダーマンも〃おったまげ〃鬼グモの遺伝子を注入されていました。 

鬼グモは なんと針金のように強力な糸を吐き出す事でも有名です。(※物の例えです。)

さらに近未来の蚕は塗っただけで〃あっ〃と言う間に美人になるコラーゲン入りの化粧品や傷を治すフィルムや人工血管など様々な医薬品を作ってくれると期待されています。

クラゲの遺伝子を体内に注入された光る蚕(カイコ)
強力な糸を吐き出すオニグモ
光る蚕(カイコ)の生糸(きいと)を使用して造られた光る服

ーーーーーこのあと蚕を育てる工房にお邪魔しそこで まゆつくりの様子を見学します。

つづきは後日公開します。