テスト

宇都宮ギョーザ3 どことなく懐かしいそのお店!

雲の中に迷い込んだかのようにあたり一面 真っ白の世界がどこまでも広がっていました。そこへかすれた色をした背の高い山がいくつも現れました。
そんな水墨画のような世界は中国の四川省の霧の立ち込めた山奥の風景でした。そんな山奥の竹やぶ から集められた笹の葉が山のように積み重なってました。

そしてその笹の葉の山から〃ゴロリ〃と転げ落ちたのは〃ぽっちゃり〃とした何とも可愛らしいパンダでした。そのパンダは子供たちの人気者で名前を〃ミンミン〃と言うそうです。

そう〃みんみん〃と言えば栃木県 宇都宮市にも中国のパンダに負けないくらい大人気の焼き餃子の専門店がありました。
早速その大人気のお店で餃子を一皿いただくことにしました。

店に到着すると そこは殺風景な店構えで玄関のところには小さくて可愛らしい赤ちょうちんと 年季の入った〃のれん〃がかかってました。
そしてその〃餃子専門〃と書かれた〃のれん〃をくぐり店の中に入ると天井から壁に至るまで全て黄色そこに真っ赤なテーブルとイスが置かれてました。

そこは いかにも昔懐かしの中華料理店といった感じでした。

店内のカウンターからモクモクと煙が立ち込める中〃ジューーー〃と水分が急激に蒸発する美味しそうな音が聞こえて来ました。
しばらくすると豚肉の焼ける香ばしい匂いがして来ました。さあ 一体どんな焼き餃子に出会えるのか楽しみになって来ました。

昔懐かしの中華店といった感じの店内
宇都宮餃子の老舗〃餃子みんみん〃

ーーこのあとパリパリのサクサクの焼き餃子が〃ジューーー〃と音を立てながらやって来ます。

宇都宮ギョーザ4 一日平均 なんと10万個

栃木県宇都宮市の〃餃子みんみん〃は現存する餃子専門店で最も古いお店だそうです。

しかし今は昔ながらの餃子職人に代わり正確で〃きっちり〃とした仕事をこなすギョーザマシーンが〃餃子みんみん〃の餃子を包んでいるそうです。
そして焼き餃子にキャベツを使う店が多い中〃餃子みんみん〃では本場中国の餃子と同じたっぷりの白菜を使用しているそうです。

さらに いつも行列の絶えない〃餃子みんみん〃は一日平均 なんと10万個もの餃子を売り上げるそうです。

そうこうしている内にやっとお目当ての焼き餃子が運ばれて来ました。その餃子からは何とも言えないごま油のいい香りが漂って来ました。

とりあえず生ビールをグイッと飲んでからその〃カリッカリ〃の焼き餃子をいただく事にしました。
そしてその焼き餃子を口に入れたとたんパリパリのサクサクと音を立てながら〃じわっ~~〃と〃ジュシ~~〃な肉汁が溢れ出てきました。

そして毎日食べても飽きないと言われるだけあって非常にあっさりした焼き餃子でした。焼き餃子以外に水餃子(6個230円)と揚げ餃子(6個230円)もあります。
また〃餃子みんみん〃のすぐ隣のお店〃悟空〃では なんとフカヒレの〃あん〃を湯葉で春巻きのように包んで焼いたフカヒレ入り湯葉餃子(2個400円)がいただけます。

一皿たったの230円
焼きギョーザ言ったら やっぱりコレです。
餃子職人さながらのきっちりした仕事をこなすギョーザマシーン

ーーこのあと全国的に有名なチェーン店 餃子の王将についてです。

つづきは後日公開します。