テスト

〃2012年度の旅〃ブログ「夢と希望のバックパッカー」は こちらへどうぞ

東京ディズニーシー10〃タワー オブ テラー〃の世界一怖いエレベーター!!

そこは1899年(118年前)大晦日のアメリカ ニューヨークです。舞台はタワー オブ テラーと言う高さ約10数階建てのホテルとなります。
そのホテルには黒くて汚い人形を手に自慢話をする大富豪がいました。彼がこのホテルのオーナーのハリソン・ハイタワー三世でした。

そしてその黒い人形は彼がわざわざアフリカまで出向き原住民から奪い取った呪いの偶像(ぐうぞう)でした。そしてその呪いが現実の物になる日が間もなくやって来るのでした。

それでもなお呪いの噂(うわさ)を信じないハイタワー三世は〃そのばかげた呪いを見てやろう〃とあの黒い人形(呪われた偶像)を手に恐怖のエレベーターへと乗り込むのでした。
しかも なんとそのときハイタワー三世はあろう事か呪われた偶像(人形)の頭を灰皿代わりに使ってしまったのでした。

すると天罰となった大きな雷が〃ビシャーン〃と大きな音を立てハイタワー三世が乗ったエレベーターに直撃しました。
その衝撃でエレベーターは故障し彼は無残な転落死を遂げるのでした。

それから100年以上が経った2006年その恐怖のエレベーターは大きな絶叫マシーンとして復活しました。
それが東京ディズニーシーのアメリカンウォーターフロントに出来た〃タワー オブ テラー〃のエレベーターと言う事でした。

何も知らずにそのホテルハイタワーに入ったお客さんは普通にチェックインを済ませエレベーターガールの案内で客室へと向かいます。そこまでは至って順調に行ってました。
しかしそのエレベーターは半端じゃなく大きかったのでした。しかもそのエレベーターにはしっかりと固定された椅子がありシートベルトをしっかり締めなければなりませんでした。

そして絶叫マシーンと化した巨大エレベーターはバンジージャンプのように急上昇と旧落下を繰り返すのでした。

結局そのお客さんは怖すぎてそのホテルには宿泊 出来ませんでしたが エレベーターの中で激しい上下運動を繰り返した事により喉に詰まっていた餅が取れたと大喜びでした。
またこの絶叫マシーンの激しい上下運動は胃もたれにも効果があるそうです。ぜひ一度試してみて下さい。

呪われた土偶シリキ・ウトゥンドゥ
タワー オブ テラーの恐怖のエレベーターが100年前のニューヨークから日本に来た
恐怖のエレベーターは劇場のように広かった

ーーーーーこのあと大人数(おおにんずう)で繰り広げられた壮大なダンスショー〃アンコール〃の様子をお伝えします。    つづきは後日公開します。

日本国内と周辺国に限りますが、〃世界旅行計画2018〃の中から来月5月に行われる行事や祭りを紹介します。

日本は まだまだ 朝晩は肌寒い気候ですが まもなく5月ですね 

ゴールデンウィークは一般的に日本だけの祭日のようですが隣国 

中国にも日本のゴールデンウィークをまねした黄金周と言う祭日があるそうです。

写真は↓国慶節(建国記念日)の万里の長城(中国)ですが

黄金周(ゴールデンウィーク)の時も 観光地には多くの人が集まるそうです。 

人で埋め尽くされる〃万里の長城〃

 

日本のこいのぼり

熊本 小国町 温泉街 河川に3500匹のこいのぼり

熊本県 小国町 温泉街 河川に3500匹のこいのぼり

高知 四万十川のこいのぼり

高知県 四万十川 こいのぼり

インドネシア ジョグジャガルタ ボロブドゥール遺跡 〇年に一回ワイサックと言う祈りの儀式(祭り)が行われる世界中から1200人の仏教徒が集まる

2018年度のワイサックはは5月29日に行われるそうです。

インドネシア(ジャワ島) 世界遺産ボロブドゥール遺跡で行われる 仏教の祭典 ワイサック
インドネシア(ジャワ島)ボロブドゥール遺跡 ワイサック 夜 遺跡がライトアップされる

カラバオ(ルソン島 マニラ郊外)5月15日 水牛フェスティバル

フィリピン カラバオ(ルソン島 マニラ郊外) 水牛フェスティバル

ルクバン(ルソン島 マニラ郊外)5月15日バヒヤス 果物フェスティバル

フィリピン バヒヤス 果物フェスティバル
フィリピン 果物フェスティバル

タイ 5月ロケット祭り(東北部ヤソートン)

タイ ロケット祭り

四姑娘山(四川 中国)スイスアルプスの様な景観ホーストレッキングあり
〇海子溝 旧暦の5月4日にチベット祭が開かれる

ラサ ポカラ宮殿  5月20日 祭り 夜はライトアップされたポカラ宮をポカラ宮広場から見る事が出来る

中国 新疆ウイグル 5月の砂嵐は崑崙山脈の雪解け水がホータンの町に近づいている知らせ