テスト

..

草加せんべい(埼玉)7 焼き台の上で華麗に宙を舞う〃焼きせんべい〃

草加市の細い路地の一角には木造建築の昔ながらの〃せんべい屋さん〃がありました。店に入るとすぐ店のご主人が自ら〃焼きせいべい〃の実演販売をやってました。
焼き台の上では ご主人の鉄箸の上を〃ぐるぐる〃と円を描くように〃せんべい〃が宙を舞ってました。その〃せんべい〃の宙返りは見ているだけで目が回りそうになります。

そのように鉄箸を使い〃せんべい〃を素早く回転させる事で〃せんべい〃を焦げをないようにします。

そのとき ご主人は右手に鉄箸そして左手には なんとアイロンを持ってました。
そして〃くるくる〃と回る落ち着きのない〃せんべい〃を懲(こ)らしめるかのように左手のアイロンでその〃焼きせんべい〃を押さえつけました。

実はそのアイロンのような道具を押瓦(おしがわら)と言い〃せんべい〃を焼きながら押さえる事で平らな〃せんべい〃が完成します。
また〃焼きせんべい〃を押えないで作る方法もあります。その〃焼きせんべい〃は生地が膨らみデコボコで辺鄙(へんぴ)な形に仕上がります

そして店内に〃ジュー〃と言う急激に水分が蒸発する音と共に醤油が焼ける香ばしい匂いがして来ました。それは焼きたての〃せんべい〃に醤油を塗った匂いと音でした。
このように店頭では焼きたての〃焼きせんべい〃をいただけます。一方お土産用の〃おせんべい〃は店の裏の工場で焼かれてました。

せんべい を焼くときの道具
職人の鉄箸によって くるくると宙を舞う焼き〃せんべい〃
奇麗に焼きあがった草加せんべい

ーーーこのあと工場でベルトコンベヤーの流れに乗った〃せんべい〃が次々と焼かれて行きます。

草加せんべい(埼玉)8 くるくると半回転しながら焼かれてく〃せんべい〃

そのとき工場の中ではまだ午前中だというのに作業が終わったかのような掃除機の音が聞こえて来ました。しかしその音は〃せんべい〃を焼き上げる機械の中から聞こえて来ました。
横一列に並んだ掃除機はパリパリに乾燥した焼く前の白い〃せんべい〃を一枚一枚 丁寧に吸い上げ焼き場の上に置いていきます。掃除機の次は〃ほうき〃ではなく〃塵取り〃でした。

鉄棒に横一列に取り付けられた多くの塵取りの上に〃せんべい〃が乗せられました。するとそれらの〃塵取り〃は半回転し前の〃塵取り〃に〃せんべい〃を受け渡します。
その作業を繰り返すことで〃せんべい〃は回転しながらどんどん前に進んでいきます。その様子は まるで〃せんべい〃の〃でんぐり返し〃のようでした。

ぐるぐると回りながら前に進む〃せんべい〃の下には真っ赤なヒーターがセットされてます。しばらくすると上から〃せんべい〃を押さえつけるアイロンが下りてきました。
〃せんべい〃は前に進みながら何度もアイロンに押さえつけられる事で形が崩れず平らに焼きあがります。仕上げに こんがりとした美味しそうな焼き色を付けます。

焼きあがったばかりの〃せんべい〃はタイヤが転げ落ちるように縦になって黒い溝の中を通ります。
〃せんべい〃が黒い溝を通ることによって〃せんべい〃の側面に醤油が塗られて行きます。

次に〃焼きせんべい〃を待っていたのは小刻みに動くデッキブラシでした。その たっぷりの醤油がしみ込んだデッキブラシめがけて次々と〃せんべい〃が飛び込んでいきます。
そしてデッキブラシから出てきた〃せんべい〃は美味しそうな醤油色をしてました。さらにそれらの〃せんべい〃は乾燥機の中へと入っていきました。

十分に乾燥した〃せんべい〃は またベルトコンベヤーに乗り勢いよく流れて来ました。そしてやっとゴールが目の前に迫って来ました。
そして〃草加せんべい〃と書かれたゴールテープを切り見事に完走しました。すると〃せんべい〃には〃草加せんべい〃と書かれたビニールで梱包されていました。

あとは重さを計る門と金属探知機(異物混入を防ぐ)の門をくぐり抜けやっと〃草加せんべい〃が完成しました。

しかし最後の最後であんなに多くの掃除器具が出てくるとは思いもしませんでした。

くるくる と半回転しながら次ぐ次ぐと焼かれていく〃せんべい〃
幾多の困難を乗り越え完成した草加せんべい