テスト

芋煮会フェスティバル(山形県)1 心も体も温まる〃ほっくほっく〃ご馳走

暑かった夏も終わり一日中クーラーのかかったような涼しい秋の季節がやってきました。山形市内の河川敷では川辺いっぱいに黄緑色の芝生のじゅうたんが敷かれてました。
そこでは秋の昆虫たちが忙しそうに冬眠の準備をしてました。都会の喧騒を忘れ河川敷の芝生の上でゆっくり横たわる人の姿も多く見かけます。

そんな安らぎのひとときを打ち壊すかのように川沿いでは騒音を立てながらショベルカーが穴掘り作業をしてました。どうやらそれらの重機は河川敷の拡張工事をしてるようでした。
するとショベルカーが掘った穴から何故か白い湯気がモクモクと上がって来ました。なんと その作業員は夢にまで見た〃温泉〃を掘り当てたのでした。

すると掘り立てホヤホヤの温泉に入ろうとたくさんの人が河川敷に詰めかけて来ました。しかしそこに温泉の気配はなく代わりに何か御馳走の気配がして来ました。
さらに見物客の顔に注目するとみんな目を細めほっぺたを目いっぱい膨らませて まるでまん丸の芋のような表情をしてました。

そして口からは〃ほっくほっく〃の白い湯気が出てました。そんなとき僕の足元に小さくて丸いのボールがコロコロと転がってきました。
そのボールを拾い上げてみるとそれは なんと皮をむかれて〃つるつるテカテカ〃となった里芋でした。それを見てやっとそのことに気づきました。

そうです今日は東北地方の秋の風物詩でもある芋煮会祭りの日でした。そしてそのとき目の前に姿を現したのは直径6メートルの鉄の塊で出来た巨大鍋でした。
その鍋の上ではショベルカーが鍋を焦がさないようにと一生懸命 鍋をかき混ぜていました。

しばらくすると僕の手元にもお椀に入った〃ほっくほっく〃に煮込まれた里芋の芋煮(一杯300円)がやって来ました。
またお肉とネギのアクセントも主役の里芋を引き立てていて心も体も温まる東北山形のとってもおいしいご馳走でした。

心も体も温まる〃ほっくほっく〃の芋煮
気持ちのいい秋風が吹く河川敷

ーーーこのあとどんな汚れも絶対に落とす強力なスーパー洗濯機の登場です。

芋煮会フェスティバル(山形県)2 強力なスーパー洗濯機の登場!

洗濯物を持ってコインランドリーに出かける途中どんな汚れも洗い流す強力なスーパー洗濯機を見つけました。 
その洗濯機はゴーゴーと言う物凄いごう音を立てて さらに上下左右に大きく揺れながら必死になって洗濯物を洗ってました。

しばらくすると洗濯物を洗い終えた洗濯機はピタリと止まりお尻に取り付けられたホースから勢いよく黒いドロ水を放出しました。
洗濯機は水槽の汚水をすべて出し終えたところで洗濯完了を知らせるブザーを鳴らしました。

さて どれだけ奇麗に洗えているかと思い洗濯機の中をのぞいてみたらその中には洗濯物ではなく なんと〃つるつるテカテカ〃の里芋が入っていました。

実はその機会は芋洗い用の洗濯機でした。しかもその優れ物の洗濯機は芋についた泥だけでなく芋の表面の皮まで剥いていました。それらの里芋は全て祭りで使われる物でした。
その量にびっくり なんと3トンにもなるそうです。さらにその後 洗濯機でむききれなかった皮を手でむいていきます。

それは気持ちが遥かくの宇宙の果てまで飛んでいきそうな そんな気の遠くなるような作業でした。 

東北の様々な場所で行われる芋煮会祭りはその地域によって入れられる具材や味付けは全く違うようです。ある地方では里芋の代わりにジャガイモを入れるそうです。
また福島県では芋煮祭りのことをキノコ山と呼ぶそうです。さらに青森県では焼きたての香ばしいせんべいの入った〃せんべい汁〃がなんと大鍋で3000食も作られるそうです。

そして山形県では芋煮の余った煮汁でカレーうどんを作るのが定番のようです。

どんな些細な汚れでも絶対に見逃さないというスーパー洗濯機 (1)
どんな些細な汚れでも絶対に見逃さないというスーパー洗濯機 (2)
インド人もびっくりの山形の芋煮カレーうどん

ーーーーーこのあと謎の未確認飛行物体が山形市内の河川敷に着陸します。  つづきは後日公開します