テスト

ベトナムの国土は日本の九州を除いた面積とほぼ同じ(日本の90%) 人口8千3百万 (2016年)約9,270万人 日本との時差は2時間

(戦争)1954年 第一次インドシナ戦争を得てベトナムは南北に分裂する 以後20年間分断は続く
 1960年からアメリカが軍事介入しベトナム戦争は泥沼化する 1965~1975 10年間続く

第一次インドシナ戦争

ベトナム戦争で使われた爆弾の数は第2次世界大戦の4倍 やわらかい土に落ちた爆弾がそのまま爆発しずに残っている 不発弾が今でも土の中に眠っている
4万2000人以上が不発弾でなくなっている

ベトナム戦争

(正月 テト)旧暦の1月1日から3日間 10日間ほど休暇を取る 花市が開かれる 梅の花の盆栽が飾られる
正月料理 バインチュン バナナの葉に豚肉と緑豆や餅が入った粽 昔は各家庭で作られていたが今は店で出来合いの物を買う人が増えた 

正月 テト
正月 テト2
バインチュン

ティッドン 豚と鶏の煮凝り冷たいゼリーのような料理 皮付きの豚と鶏肉を圧力鍋で30分煮込む  桃の花を飾る

(中秋節)テトチュンチュー10月ごろ 旧暦の8月15日 月経まんじゅう クエンと言う名字が最も多く国民の半数を占めている
ベトナムの主要民族は都会部で住んでいるキン族 その他53種の少数民族は全体の15%

ベトナム 少数民族2
ベトナム 少数民族
(中秋節)テトチュンチュー

干支 ウサギは猫(中国語のウサギとベトナム語の猫の発音が同じ)  牛は水牛 羊はヤギ イノシシは豚
米の輸出は世界第2位 1位は中国 日本の2.5倍 2500万トンの米を生産 今でも牧出ご飯を炊く 南部はぱらっとしたご飯が多い

コーヒーの生産はブラジルに次ぐ世界第2位 ベトナムコーヒーは甘い練乳入り 割合は1対1
魚料理ーカイチュア(鍋) 国民の8割が農家 

寺では家族の幸せを願って鳥かごの鳥を空に放つ習慣がある

(ベトナム料理)ボーラロット ひき肉を始祖で巻いて油で揚げた料理 カーコー 煮魚
ホビロン 孵化途中のゆでたまご 緑色の米を使用した緑の餅  ブンチャー(炭火で焼いた甘いたれの豚肉をブンと一緒に食べる)

ホビロン(ひよこのゆでたまご) 
ブンチャー

カインチュア カーロック すっぱいライギョのスープ ベトナムのおふくろの味
カー ウオプ サー ヌーン カツオ料理

カン チュア

カー ティム ヌン ティッ パム ベトナム風焼きナスの挽肉乗せ
ズィウカー(魚のスープ 煮込む前に魚を油で揚げる ご飯にかけて食べる 魚の代わりにシジミを使ってもいい)

カー ティム

フォーブァー(牛刺を使ったフォー) 屋台風バナナアイス ゴイギャー(もやしサラダ)
ラウ ムン サオ(空心菜炒め)カー トゥ コー(煮魚) 

カー トゥ コー(煮魚)
ラウ ムン サオ (空心菜炒め)

ムック コー チョン タン チャー ベトナム北部の四角い粽
カン チュア(ぶりのあらとパイナップルを使用した魚のスープ)

オットはベトナム一辛いトンガラシ フーティオット(激辛の汁なしフォー)
パイン トム ホータイ(海老のベトナム風てんぷら)

パイン トム ホータイ(海老のベトナム風てんぷら)

ティッ ニョイ ガッチュア(トマトをくりぬいて中にミンチを詰めた料理)
パインチョイ(白玉のデザート)

パインチョイ(白玉のデザート)

歴史上の人物を神格化 祠 ほこら まつる

歴史上の人物の霊を祀った 廟 みょう

神々を祀った 殿

庭園など 亭

シクロ 自転車タクシー 

シクロ 自転車タクシー

<目次>
1ベトナムに関する基本情報
2フエ
3ホイアン
4ハロン湾
5ホーチミン
6ハノイ
7サパとラオカイ
8ニャチャン
9カントー
10ムイネー
11ベトナムその他の名所