テスト

(サールナート)
サルナット チベット仏教寺院が多い 

紀元前600年 インドの北部でブッタが誕生する

釈迦=ブッタが初めて説法をした地 仏教にとって重要な所

釈迦は6年間苦行を行ったが悟りを開けなかった 衰弱していた釈迦に村の娘が食べ物を与えた

しかしその行為が一緒に修行をしていた仲間の反感を買った 

釈迦の仲間はたもとを分かちサールナートへと去っていった

しかしその後 釈迦は菩提樹の木の下で念願の悟りを開きブッタとなった 

それが仏教の始まりであった  中国の三蔵法師(玄奘三蔵)もこの地を訪れた

しかしインドの仏教徒は全体の たった0.7パーセント

サールナート
サールナートの仏教画
サールナート(ダメーク ストゥーパ)
サルナット3
サルナット2
サルヘート
サルナート遺跡 (5)
サルナート遺跡 (4)
サルナート遺跡 (3)
サルナート遺跡 (2)
サルナート遺跡 (1)
サルナート遺跡 (1)

ダメーク ストゥーパと言う巨大な仏塔が足る

ダメーク ストゥーパ

ムールガンダ クティー寺院

ムールガンダ クティー寺院2
ムールガンダ クティー寺院

鹿公園

鹿公園

(ムラガンダ クティ寺院)

スリランカ仏教寺院 中には釈迦の生涯が壁画となって残っている

ムラガンダ クティ寺院

<ゴードウリヤー>

※ガイドブックによればベナレスもデリーと同じでニセサドゥー(修行僧)やインチキガイドが観光客に詐欺行為を行っているらしい

ゴードウリヤー2
ゴードウリヤー


<もくじ>
1レー(ラダック)①  ~様々なゴンパ(チベット寺院)前編
2レー(ラダック)②~様々なゴンパ(チベット寺院)後編
3レー(ラダック)③~チベット系遊牧民の生活とヒマラヤに住む動物たち
4シムラー チャンディーガル(カルカ・シムラ 山岳鉄道)
5カザとスピティ谷 プラデーシュ州
6ダラムサラ(チベット暫定政府の本拠地)
7ヌブラ渓谷(チベット寺院に温泉)
8クシナガル(ブッダ終焉の地)
9①レコンピオとキナウル谷②パンゴン ツォ③パダム(谷と湖)
10①ウッタランチャル②サヘート・マヘート③サーンカーシャ 
11バラナシ⑧~サールナート仏教遺跡 その他の仏教寺院