テスト

〇西安(長安)人口700万 西部大開発の建設ダッシュ中 市場の立ち退き 高速道路工事の時 約7000年前の人骨が見つかる 
100以上の大学があり大学城とも言われている(毛沢東の時のソ連との関係悪化が原因とされている)科学技術に優れている
イスラム教徒が多い

西安
西安2

(シルクロード)3つのコースが造られた 西安からヨーロッパまで続く道 約7000キロ
西の終着点はローマ 東は長安だった ローマは円形都市 長安は碁盤目状の四角い都市造りだった

(紀元前259年)始皇帝は王族の子供として生まれる
(紀元前221年)6つの国を滅ぼし秦が初めて中国大陸統一制覇を果たす 通貨 文字 重さの単位などの統一を行った

 (紀元前211年)隕石が落下 翌年 始皇帝死去 
その2年後 大規模な民衆の反乱がおきる 反乱軍の中には項羽と劉邦もいた

項羽
劉邦

(紀元前206年)秦 わずか2代で 崩壊 劉邦が漢王朝を開く 400年続く
(6世紀 583年)長安の都市造りが開始された

(7世紀)アラブの使者が中国にイスラム教を伝えた 唐がもっとも繁栄していたころベトナムや朝鮮も統治していた
西安もバクダットと同じ100万 都市だった 世界中の人が西安に集まった

小楼 大きな鐘 400年前の物 玄奘(げんじょう)三蔵(三蔵法師のモデル)の像 
唐の時代 10×9メートルの城壁があった 将棋やクルミも中央アジアから伝わった

玄奘三蔵の像

717年 9回目の遣唐使が派遣される 6000人中 5200人が無事 唐にわたれた
(8世紀 日本は奈良時代)752年 鑑真と阿倍仲麻呂は日本へ渡航(失敗) 

鑑真和尚
阿倍仲麻呂

(2000年) 不思議なソグド人(イラン系の商人 ペルシャ人)の墓が見つかる 約700年前の物 

ソグド人(ペルシャ系)

〇城壁 長さ14キロ 現在の物は約600年前の明代の物 
高さ12メートル 唐の時代(1300~1400年前)は今の8倍(96メートル)の高さがあった

西安 城壁 
西安 城壁2

〇鼓楼 明初の1380年に建造された。清代の1699年と1740年に2度修復されている。
 楼上に巨大な太鼓を置き、朝 時を告げたことから「鼓楼」と名づけられた。一枚皮では世界最大の太鼓がある

西安  鼓楼 

〇鐘楼 夜ライトアップされる
〇西安回民街 イスラム商店街 涼粉リャンフェン炒め

西安  鐘楼 夜ライトアップ 
西安回民街(イスラム商店街)
西安回民街(イスラム商店街)2

〇兵馬俑(市内から約40キロ) 2200年前 日本は弥生時代の中頃 秦 

兵馬俑
兵馬俑2

1974年 麦畑で農夫が地下5~6メートルくらいのところから兵馬俑を発見 7500体(全体の2割程度)
先頭兵は武器なしよろいなし 青銅製の兵士像は一人一人の違った顔で造られている 身長2メートル 重さ200キロ

型にはめ制作 造られたばかりのころは色まで付けられていた。始皇帝の墓を守る像として造られた 馬車もあった
兵士以外に鶴や水鳥 演奏者や力士(大道芸人)の人形も造られた 人形にはそれぞれ制作者の名前が刻まれていた

兵馬俑(色付き)
兵馬俑と一緒に発見された 水鳥 
兵馬俑 力士(大道芸人) 

 広さは甲子園球場と同じ 兵馬俑も墓の一部であった 
西側では馬や人骨も発見されている ペルシャ系の人のDNAが見つかった

〇始皇帝陵りょう 秦の始皇帝は 13歳で皇帝の座についてから40年の歳月をかけて造らせた自分の墓
幅360メートル 高さ70メートル 匈奴(きょうど北方民族)の脅威(きょうい)が造らせた巨大な墓 高さ87メートル 広さ10キロ 70万の人が建設に携わった 

秦の始皇帝
始皇帝陵

当時は四川や西アジア 匈奴(北方)の兵士もいた 
始皇帝陵の発掘は行われていない ただ周辺で水銀が発見されている

墓の秘密を守るため建設にかかわった人はすべて殺された

〇大雁塔だいがんとう 唐のころは5層 今は7層の塔 7世紀中ごろ インドから経典を持ち帰った玄僧はここで翻訳にいそしんだ
シルクロードの終着点 夜9時から ライトアップされ 20メートルの噴水ショーが行われる 玄奘三蔵(7世紀)の銅像

〇遣唐使の石碑 1288年生まれの日本人 現存する最も古い日本と言う字が刻まれている

遣唐使の石碑

〇(昭陵しょうりょう 市内から約70キロ)は、唐の太宗李世民(599年 – 649年)の陵墓(山全体が墓)
 乾陵(けんりょう西安から約85キロ)太宗と楊貴妃の墓 収納できないほどの財宝が眠っているとされる

唐の太宗李世民(2代目)楊貴妃の夫
昭陵 唐の太宗李世民

 阿倍仲麻呂(唐の官僚にまでなった日本人)の墓はまだ見つかっていない。
 泰陵 地下に太宗の墓と壁画がある

〇清真大寺(寺院造りのイスラムモスク)大明宫国家遗址公园

西安のイスラムモスク 清真大寺
西安 清真大寺 イスラムモスク

〇興慶宮公園(唐) 玄宗時代の宮殿跡 阿倍仲麻呂の石碑もある

阿倍仲麻呂の石碑
阿倍仲麻呂の石碑2

〇華清池(温泉地)蓮花湯(玄宗 専用の湯舟)楊貴妃専用の湯銭もある

華清池(温泉地)
華清池の楊貴妃
蓮花湯(玄宗 専用の湯舟)
楊貴妃専用の湯銭

〇阿房宮(あぼうきゅう)は、秦の始皇帝が建てた大宮殿(今のは復元されたもの) 
あまりに巨大すぎたため 完成前に始皇帝は死んでしまった

阿房宮(あぼうきゅう)は、秦の始皇帝が建てた大宮殿
阿房宮(あぼうきゅう)は、秦の始皇帝が建てた大宮殿2

〇鬼谷(臨潼県 洪慶堡村)雨が降るたびに秦の始皇帝に殺された罪のない霊に鳴き声が聞こえる
(咸陽かんよう 秦の都 今は紡績の町)

〇碑林博物館 玄宗皇帝(8世紀 唐9代目)直筆の石碑

碑林博物館

〇陝西歴史博物館〇西安博物院〇広仁寺 チベット寺院〇半坡博物館 6000年前の集落の遺跡 半坡遺跡 国家誕生以前の原始社会だったころの遺跡

半坡博物館

〇法門寺 仏舎利 〇漢陽陵博物館 陽陵 陶製俑 〇楊貴妃墓 〇興教寺 三蔵が眠る寺 

法門寺
法門寺2
楊貴妃墓
興教寺 三蔵が眠る寺
興教寺 三蔵が眠る寺2

ーー(料理)徳発長 餃子の専門店

徳発長 餃子の専門店 芸術餃子
西安の芸術餃子

〇同盛祥 イスラム料理専門店 名物ヤンロウパオモー羊肉泡漠 ちぎったパンの上に羊スープをかけ食べる
この料理を注文した客はスープができるまでの間 器にパンをちぎって待つ 

同盛祥 イスラム料理専門店 羊肉泡漠

大唐博相府酒店(宮廷料理専門店)唐(約1400年前)の皇帝料理 玄宗(げんそう)9代(妻は34歳年下の楊貴妃)の好物 ラクダのスープ
則天武后(悪女 中国史上唯一の女帝。)の好物 魚の練り物 則天武后の墓

大唐博相府酒店 (宮廷料理専門店
則天武后
則天武后の墓

御宴宮 高級宮廷料理 ナマコやラクダのスープ 13品で1万円 柿餅(小麦粉と柿を練って油で揚げる)
西安の南 ねじり揚げパン  米皮面  赤い米を水につける 引いて液状にする 10分ほど蒸す

柿餅(小麦粉と柿を練って油で揚げる)
柿餅(小麦粉と柿を練って油で揚げる)2
米皮面

秦の皇帝も食べた 一度途絶えたが清代の末に復活 復活の立役者の名前 薛せつ と言う名前の店が多い
西安の西  岐山  石像61体だけ破壊され首がない 

生地にほうれん草を練りこんだ面 80年前西安で流行る 今では北京でもある 酸っぱくて辛い面
沾水麺(つけきしめん) 岐山麺(赤色)酸っぱくて辛い麺 

沾水麺(つけきしめん)
岐山麺(赤色)酸っぱくて辛い麺

 浦家黄酒館 500グラム 8元と45元
蒼龍嶺(そうりゅうれい). 苍龙岭  龍の背 2000メートルの山が一枚岩

〇秦嶺山脈(しんれいさんみゃく)野生のパンダやトキ キンシコウが生息している 
人民解放軍が大陸団弾道ミサイルを保管している


106位 延安(中国 陝西省と山西省)〇壺口ここう瀑布(大滝)黄河の滝〇宝塔山小高い丘の上に立つ煉瓦造りの仏塔〇清涼山 万仏寺

宝塔山 小高い丘の上に立つ煉瓦造りの仏塔
延安 壺口ここう瀑布
延安 壺口ここう瀑布

<目次>
1西安(陝西省) 
2崋山(陝西省)
3基本情報(寧夏回族)  
4銀川(寧夏回族)
5中衛 トングリー砂漠(寧夏回族)
6敦煌(甘粛省)    
7張掖 丹霞地質公園(甘粛省)
8嘉峪関 酒泉(甘粛省)
9楡林窟 鎖陽故城(甘粛省)
10天水 麦積山石窟(甘粛省)
11武威 天梯山石窟(甘粛省)
12炳霊寺石窟(甘粛省)
13夏河チベット自治州(甘粛省)
14蘭州(甘粛省)
15甘粛省(そのほかの名所)
16青蔵チベット鉄道(青海省)
17西寧 タール寺(青海省)
18青海湖(青海省)
19都蘭 同仁(青海省)
20青海省の その他の名所
21陝西、甘粛省、青海省の追加情報!