テスト

サーンチー遺跡はブッタの死後 作られた仏教遺跡  紀元前2世紀ごろ建てられた

猛暑以外の季節 7月~3月 訪れると言い それ以外の時期は夕方以降 出かけた方がいい

アショーカー王の遺跡 アショーカは王であり また偉い僧侶でもあった

アショーカ王のころスリランカに仏教が伝わった

遺骨を集め 16メートルの仏塔を建てた 第一塔は増築を重ねた結果 大きくなった

門は日本の鳥居の原型にもなった 彫刻で埋めつかされた門となっている

鳥居の原型
サーンチー 門

彫刻の内容は 動物に説教を行うブッタ 

門に掘られた彫刻 (2)
門に掘られた彫刻 (1)

サーンチの丘 スリランカ寺 

スリランカ寺 内部

第3塔から 発見された位の高い僧侶の骨は年に一回 公開される

インド仏教とサーンチーは 1世紀のイスラム王国の誕生とともに幕を下ろす

サーンチー
サーンチー遺跡

(第一塔)直径37メートル 高さ16メートル 

(ストゥーパ第3塔)仏塔中にあった石像は考古学博物館に移された

サーンチー ストゥーパ 第2塔

(アショーカ王の石柱)

アショーカ王の石柱
サーンチー ヘリオドロウスの柱
サーンチー ヤクシの像 ヤクシ-の像

ストゥーパにはブッタの生涯が描かれているが

しかし その中に主人公であるブッタの姿はない 

実はインドの人はブッタの死後 500年以上 仏像を作らなかった

(ボパール)サーンチーから約50キロ
ユニオンカーバイド・インディア(アメリカ)が

1984年 化学工場から有毒ガスが発生し8千~2万人の人が亡くなる大事故が発生した

(タージウル マスジット)

1877年着工 その後工事は中断された のちに再開 1971年やっと完成した 

(ウダイギリ石窟寺院)紀元前2世紀に建てられた

ウダイギリ石窟寺院
ウダイギリ石窟寺院2

(ビームベートカーの岩陰遺跡  Bhimbetka rock shelters)1万年以上前に書かれた岩絵が100個以上残る

頂上には様々な形の岩が横たわっている

ズーロックと言われるさまざまな動物を描いた岩絵が残っている

幅14メートルの一枚岩に16種類の動物の壁画が描かれていた

白と赤では描かれた時代が違う 白は数万年前の狩猟時代 

赤は3千年ほど前の書かれた物 文明が生まれ動物は家畜化されている

デカン高原では今でも昔と同じ岩絵が書き続けられている

ビームベートカー 岩絵

450の民族からなるトライブと呼ばれる人々 

アーリア系かそれよりももっと前に住んでいた人々の土着信仰を持っている

原住民トライブ
ズーロック3
ズーロック2
ズーロック


<もくじ>
1ジャイプル(ラジャスタン州)アルベール城 ピンクシティー 風の宮殿
2アジュメール(アジメール)(ラジャスタン州)インドイスラム(ヒンドゥーとジャイナ教)の聖地 
3ブーンディー(ラジャスタン州) 岩城 階段井戸 タラガール要塞
4ウダイプル (ラジャスタン州とクジャラート州) ホワイトシティー
5ジョードプル (ラジャスタン州)ブルーシティー メヘラーンガル砦
6ジャイサルメール(ラージャスターン州) ゴールデンシティー キャメルサファリ
7アーメダバード(グジャラート州) イスラムモスク 階段井戸
8ジュナーガル(グジャラート州)ウパルコート砦 巡礼登山 階段井戸
9ギルの森 ディーウ(グジャラート州)インドライオン ポルトガル人が築いた砦
10カジュラーホー(マディヤ・プラデーシュ州)ヒンドゥー寺院
11ウッジャイン インドール(マディヤ・プラデーシュ州)クンブメーラ
12サーンチー ボーパール(マディヤ・プラデーシュ州)
13インド中部から西部のかけての その他の名所