テスト

 

(ポロンナルワの場所)アヌラーダプラから約100キロ郊外

 

シンハラ王朝最初の都 アヌラーダプラで花開いた仏教は 11世紀初頭 最も栄えた

そして2番目の都として200年間栄えたのがポロンナルワだった

ポロンナルワ (2)
ポロンナルワ

その伝説の都市遺跡は19世紀末に発見されるまで 600年間もジャングルに埋もれ ずっと人々から忘れられていた

都がアヌラーダプラからポロンに移ったばかりの1017年に建てられた宮殿遺跡 もともとは7階建てで1000以上の部屋があった

さらに宮殿には きらびやかな装飾がされていた 今は3階建てで壁だけが残っている 

ポロンナルワ宮殿跡
ポロンナルワ 宮殿跡
ポロンナルワ 宮殿
ポロンナルワ 図書館跡遺跡
ポロンナルワ宮殿跡2

会議場跡

ポロンナルワ 会議場跡
ポロンナルワ 会議場跡の獅子

クワドラングル 仏塔を円形の建物で囲った遺跡 

クワダーゲ 4体の仏像があり 祈りの場として使用されてきた

クワダーゲ
クワダーゲ (2)
ポロンナルワ クワダーゲ

ハタグーゲ ワタダー 昔は木造建築に覆われた4体の仏像があった

ニッサンカ ラター マンダパヤ 蓮の花をかたどった8本の柱の遺跡

ニッサンカ ラター マンダパヤ (2)
ニッサンカ ラター マンダパヤ

(ガルヴィハーラ) 一つの岩をくりぬいてくくった3体の大仏

 岩を削って作られた14メートルの涅槃仏

ガルヴィハーラ
ガル ヴィハーラ (1)
ガル ヴィハーラ (2)

全体の大きさは17メートル 大仏の高さは7メートル この寺で一番大きな大仏

ガルヴィハーラ3
ガルヴィハーラ2
 

ポロンナルワの大仏
ガルヴィハーラ 蓮の台座の上に立つ

太陽をデザインした枕に横たわる 高さ4.5メートルの涅槃仏 瞑想をして座禅を組む大仏

ガルヴィハーラ 涅槃仏
ポロンナルワ ガル ヴィハーラ 座禅を組む大仏
涅槃仏 (1)
涅槃仏 (2)
涅槃仏 (3)

境内に12の建物が並ぶ ここにもトクザルが生息している 毎日 観光客のごみをあさっている

現在 ゴミ箱には鍵が掛けられている

(石立像)石像の高さは人間とほぼ同じ お札にも重畳するおなじみの石像

ポロンナルワ 石立像

(ムーンストーン)参拝前に足を清める半円形の石

ポロンナルワ ムーンストーン
 

(ガードストーン)8つの柱の中央に仏塔が建つ 4世紀初めブッタの歯はここに送られてきた

その後 仏歯はバタラーゲに移された

そのほか蓮の花の形をした沐浴所もある 僧侶は世俗を捨て戒律に従って修行を行う

ガードストーン

(パバル ヴィハーラ)12世紀の王妃によって建てられた

パバル ヴィハーラ

(シヴァ デーワーラNo.2)11世紀 タミル人の王朝がポロンナルワを征服した時に建てられた

シヴァ デーワーラNo.2

(ランコトゥ ヴィハーラ)12世紀の王によって建てられた 高さ直径 共に55メートル

ランコトゥ ヴィハーラ

(ゴーパラ パッバタ)紀元前2世紀から紀元5世紀に建てられた

ゴーパラ パッバタ

(ランカティラカ)紀元13世紀に建てられ 5世紀に修された遺跡

ランカティラカ

(キリ ヴィハーラ)紀元1世紀の遺跡

キリ ヴィハーラ

(デマラ マハー サーヤ demala maha seya)

(蓮の花) 沐浴場跡

蓮の花

(ティワンカ ピリマゲ寺院 tivanka image house)

ティワンカ ピリマゲ寺院の壁画

(貯水池)12世紀の王が築いた 南北9キロの貯水池 今でも灌漑(かんがい)用水として使われている

この人口湖の おかげで多くの米が収穫できた

ポロンナルワ 古い塔

<郊外>
(ウィルパトゥ国立公園)
ゾウはいないがクマやヒョウが生息している 園内に古い遺跡も残っている

2月~9月までサファリツアーを行っている

ウィルパトゥ国立公園


<もくじ>
1基本情報と歴史 
2シーギリアロック(岩山宮殿)
3アヌラーダプラ(シンハラ王朝最初の都)
4ポロンナルワ(シンハラ王朝2番目の都)
5ダンブッラの黄金寺院
6ヤーパフワ クルネーガラ ミネリヤ国立公園
7聖地キャンディ1(仏歯寺 湖 ペラヘラ祭り)
8聖地キャンディ2(紅茶畑と その他の情報)
9コロンボ(政治経済の中心地 宝石の産地)
10ゴール旧市街(岬に突き出た砦)
11ジャフナ(最北部)
12自然保護区や国立公園の動物たち
13スリランカ料理