テスト

エレクトリカルの電飾パレードの会場には緑の木々に覆われた背の高い山が出現しました。その山の頂上からは〃シュポ シュポ〃と白い煙が噴き出していました。
するとその火山口(2つの黒い穴)の近くから小さくて可愛らしい2つの目(め)を発見しました。さらにその山には前に大きく突き出たアゴまでありました。

大きな緑の山に大きな顔ということはそれは山ではなくディズニーキャラクターのドラゴン(龍)でした。
そして2つの火山口から〃シュポシュポ〃と噴出していた煙はドラゴンの鼻息でした。しかし映画〃ピートとドラゴン〃のドラゴンはよっぽど鼻が詰まっているようでした。

そしてそのドラゴンも地面に〃ベッタリ〃とお尻をつけ滑るようにしてやって来ました。

さらにドラゴンは両手を使い潰さないように そっと持って来たのがピート(少年又は少女)でした。ピートは大きく手を振り観客からの声援に応(こた)えてました。
またドラゴンの大きな頭の天辺(てっぺん)には小さく赤い頭髪が乗ってました。そして大きな背中にも小さなコウモリバネ(紫色)が生えてました。

大きな体に不釣り合いの小さな頭髪とハネがドラゴン(龍)の可愛さを象徴してました。そしてシッポにはオレンジ色の灯籠(とうろう※手持ち用)を吊り下げていました。

そして大きなドラゴンが通り過ぎたところで会場を流れる音楽も賑やかな音楽からゆっくりとした壮大な音楽へと変わりました。
そしてゆったりとした川を流れるようにしてやって来たのは雪の積もった森の台車に乗った〃白雪姫〃でした。そしてそのテーマソングは〃いつか王子様が〃でした。

その白雪姫の舞(踊り)は心癒される何とも素晴らしい物がありました。

ドラゴンにそっと運ばれるようにしてやって来たピート
最初は自然豊かな山に見えた巨大なドラゴン(龍)
鼻が非常に詰まった様子のドラゴン(龍)
癒される名曲とともに現れた白雪姫.
癒される名曲とともに現れた白雪姫

ーーこのあとピーターパンとアラジンの世界がやって来ます。   

 
 

“>つづきをどうぞ