テスト

東京ディズニーシー43 〃ロックピープル(歩く岩)〃の感動物語!!

世界的に見て日本人は時間に律儀(りちぎ)だと言われてます。特に日本の列車やディズニーランドの花火の打ち上げ時間は正確のようです。

そして東京ディズニーシーにも時間に律儀な自然現象がありました。それがあのディズニーシーのシンボル的存在でもある〃プロメテウス火山〃の噴火でした。
その火山は一日4~5回決まった時刻に噴火します。その正確さはまるでタイマー付きの時限爆弾のようです。

またプロメテウス火山はあの東京ディズニーランドのシンデレラ城と同じ51メートルの高さで造られているそうです。
そしてその火山のある一帯は園内にある7つのテーマの中で最後のエリアとなる〃ミステリアスアイランド〃と言う場所でした。

そこはフランス人作家が小説に描いた1873年(約140年前)の南太平洋(※タヒチやフィジー)の火山島を再現した場所になります。
そしてプロメテウス火山の近くでは熱水がしぶきとなって吹き上がってます。その間欠泉(かんけつせん)の近くにはちょっとした洞窟がありました。

そしてその洞窟で非常に珍しい自然現象に遭遇するのでした。その洞窟は火山岩のゴツゴツした岩壁で出来てました。
そこで なんと動くはずのない岩が2本の足で立ち上がり歩き始めました。それは数百万年に一度あるかないかの非常に珍しい現象だそうです。

しかもその岩に非常事態が発生し岩は両手でお腹を抱え苦しそうな顔をしてました。恐らく下腹部に異常が発生しそのままトイレに向かっているようでした。
重たい足を引きずりながら〃よっこいしょ どっこいしょ〃と言いながら少しずつ前に進みます。しかしついに力尽きてしまい〃ピクリ〃とも止まり動かなくなってしまいました。

そこへやって来たのはお医者さんではなく なんと歩き疲れたお年寄りのようでした。しかもそのお年寄りはそのまま動かなくなった岩の上に腰掛けてしまいました。
実は動く岩は歩き疲れたお年寄りに座ってもらうためにそこに止まりうずくまったのでした。しかもその岩は火山岩で出来ているため冬でも暖かくなってます。

何とも心優しい動く岩〃ロックピープル〃でした。

動く岩ロックピープル (1)
動く岩ロックピープル (2)
歩き疲れたお年寄りがちょうど座り心地のよさそうな岩を発見
歩き疲れたお年寄りがちょうど座り心地のよさそうな岩を発見
毎日決まった時間に噴火する律儀な火山

ーーーーーこのあといよいよミステリアスアイランドのミステリアス(謎)な乗り物へ乗り込みます。

東京ディズニーシー44 地底探検の絶叫マシーン〃センター・オブ・ジ・アース〃

さてプロメテウス火山の山肌には複雑な構造の巨大ドリルが岩山に突き刺さり抜けなくなっているのを見かけました。
さらにその機械の周りにはクレーンが数台ありその機械(モグラドリル機)の引き抜こうとしてました。

しかし一体どのようにして突き刺さったのか?まるで空から降って来たかのようなモグラドリル機でした。
それら謎多き物体の数々はフランス人作家が思い浮かべた世界に登場する謎の天才科学者ネモ船長が造り上げたものだとされてます。

そして絶叫マシーンに乗って地底探検をする〃センター・オブ・ジ・アース〃と言うアトラクションもネモ船長が造り上げた物だとされてます。
そしてその絶叫マシーンへと乗り込む事にしました。まずは〃テラヴェーター〃と言うエレベーターに乗って地下800メートルのマシーンの乗り場へと向かいます。

そのエレベーター内部はまるで金庫室の中のように壁から天井に至るまで全て鉄で出来てました。金属製の頑丈な扉が閉まりエレベーターが動き出すと圧力計のメーターが上昇します。
そしてベルが〃ジンジン〃と鳴ると同時に勢いよく鎖を巻き上げる音が聞こえて来ます。そしてわずか1分足らずで〃あっ〃という間に到着しました。

そこにはマシーンを待つ多くの人と柵の向こうに4~5台のマシーンがもう既に待機してました。トロッコの様なそのマシーンもまた重たそうな金属で出来てました。

しばらくすると順番が回って来てそのままマシーンへと乗り込みました。そしてマシーンは最初 狭いトンネルの中を〃ゆっくり〃と走り出しました。

地底探検車 (2)
地底探検車 (1)
金属製のエレベーター
金庫室に入ったかのようなエレベーター内部
奇妙な形で岩肌に突き刺さったモグラドリル機

ーーーーーこのあとついに地底奥深くの世界が露(あらわ)になります。

東京ディズニーシー45 恐怖!ゴツゴツした岩が怪獣に変わる!!

さてプロメテウス火山の地下を絶叫マシーンに乗って探索すると言うアトラクション〃センター・オブ・ジ・アース〃ですが出足はとてもゆっくりとした走り出しでした。

マーシーンは最初トゲトゲした結晶で出来た鍾乳洞の中を通って行きます。続いてはコウモリの大群が一斉に飛び立ちます。さらに不気味に光る巨大キノコの森も通過します。
その中には奇怪な地中生物の姿も目に入って来ました。今度はショートしかけたテレビの中に突入したかのように壁から天井に至るまで電気がビリビリと走ってました。

さらにワニの牙の様なトゲトゲ岩が上下から迫って来ました。そしてやっと大物が現れました。そのときゴツゴツとした岩が なんと巨大な怪獣へと変わりました。
そこでやっと絶叫マシーンの本領発揮と来ました。その怪獣から逃げるように急な坂を勢いよく下り始めました。

そのときマシーンは最高速度の時速75キロを突破しました。またその速度はディズニーリゾートの絶叫マシーンの中で最も早いとの事でした。
しかしその後の景色は早すぎて全く見えませんでした。〃ゴォ――〃と岩を削るような音と共にマシーンは元のスタート地点へと帰って来ました。

しかしあのスピードがなければ怪獣の餌食(えじき)になってしまうところでした。

またディズニーがデザインしたオシャレな探検グッツ(懐中電灯等)を買いたいのであれば〃ノーチラスギフト(店名)〃いうお店がおすすめです。
そこはネモ船長の潜水艦ノーチラス号の修理工場を改造し手作ったと言うお店です。

オシャレな探検グッツが売ってるお店ノーチラスギフト
ゴツゴツした岩がこのような怪獣に変わった
ディズニー最高速のマシーン
炎で出来た看板

ーーーーーこのあと旧式の小型潜水艇(カプセル型)に乗り込み海底探索に出かけます。