テスト

基本情報

世界最大の面積を誇る国(日本の45倍の面積)

(地球全体の陸地面積=147,244,000km2) ※地球全体の70%が海 まさに水の惑星※

(地球全体の陸地面積のうちロシアの国土が約1割を占める11.5%  日本は0.25% 4分の1パーセント)

国内に11の時間帯  180以上の少数民族が暮らす

石油天然ガス以外にダイヤモンドもよく取れる

毎年1月 ロシア聖教ではクリスマスは2週間遅れてやってくる

ロシア正教のクリスマス
ロシア正教のクリスマス2
ロシア正教のクリスマス

アイスホッケー(ロシアの国技)

ロシアのアイスホッケー

ロシア ウィスィアフ(6月~7月にかけての祭典)Россия Висиаху

ロシアンバレイ

ロシアンバレイ

バーニャ(サウナ)葉付きの枝で体をたたく健康法

バーニャ

ダーチャ(別荘)

ダーチャ(別荘)

マトリョーシカ Матрёшка

マトリョーシカ Матрёшка

車体にペイント(防犯効果)

アンナチャップリン(美人スパイ)

アンナチャップリン(美人スパイ)


料理

ロシア料理

ボルシチ ファースト フード カルトニカ 

ボルシチ 
ボルシチ

マヨネーズボルシチ 

ボルシチにサワークリーム(ヨーグルトのような生クリーム)の代わりにマヨネーズを入れることもある

 

上にマヨネーズの乗ったボルシチ

ロシアのマヨネーズ料理

ロシア人はマヨネーズが大好物 日本のものより酸味が少なくあっさりした味

日本の場合 黄身のみを使用 ロシアのマヨネーズを白身も使用している

紅茶以外何でもマヨネーズを入れると言われている 

ゴミにだってマヨネーズをつければ食べられると言われている

 

オリヴィエ サラダ(マヨネーズを使った伝統のサラダ)
 

オリヴィエ サラダ
オリヴィエ サラダ

 豚とトマトのマヨネーズ焼き
 

豚とトマトのマヨネーズ焼き

マヨネーズやイクラのバケツ売り 

マヨネーズやイクラはバケツのような大きな容器に入れていられている 3キロ380円

バケツ大の容器に入ったマヨネーズ

ロシアのイクラ(ロシア語) 

イクラは一つ15キログラム そのままスプーンですくって食べる

(ちなみにアラスカ人はイクラを食べない イクラは乾燥させて犬の餌になる)

イクラはそのまま食べるのが一般的
イクラのクレープ
 

巨大なチーズ
巨大ソーセージ

ストロガノフ宮殿 (フィンランドの近く)

ビーフストロガノフを考案した一族の豪邸

ビーフストロガノフ Бефстроганов

ビーフストロガノフ
ビーフストロガノフ 18世紀 ロマノフ朝
ビーフストロガノフ
ストロガノフ宮殿 内部

チョウザメ料理 
 

チョウザメ料理

ロシアン ウォッカ водка

ロシアン ウォッカ водка

ロシアンギョーザ

ロシアンギョーザ

家庭用ギョーザ作りの道具

家庭用ギョーザ作りの道具

冷静スープ オクローシア

冷静スープ オクローシア

パイのつぼ焼き ガルショーチキ 約1200円

ガルショーチキ
ガルショーチキ パイのつぼ焼き

モスクワ風 つぼ焼きチキン

モスクワ風 つぼ焼きチキン

食用のウサギ

市場で売られている食用のウサギ(さばかれる前)一匹4000円

 

市場で売られていたウサギ
ウサギ料理

中央市場(ハバロフスク) ブロック状のキノコ チャーガ(名)

お湯に溶かして飲む 胃にいい

ハバロフスク 中央市場
チャーガ(ブロック状のキノコ)
チャーガ(ブロック状のキノコ)2

クアス(伝統ドリンク)

クアス

トロフ(炊き込みご飯)корыто

ロシアの炊き込みご飯

ケフィア(飲料)кефир

ケフィア(飲料)кефир

クワス(黒パンを発酵させた黒い飲料 )
 

クワス

極寒の冬

冬になると野菜は夏の3~10倍の値段に跳ね上がる

冬 野菜の値段は3倍から10倍に跳ね上がる

冬の食糧危機に備え 保存食造り

瓶は使う前に火を通す ちょっとでも雑菌があると瓶内でメタンガスが発生し爆発してしまう

生野菜を塩と砂糖を溶かしたお湯につける ロシアでは保存用の瓶は蓋と別々に売られている

ひと夏に100瓶以上の漬物(保存野菜)を作っておく

ダーチャ(ロシア人の別荘)冬に向けて野菜などの保存食を作る

冬のために100種類以上の保存食(漬物)を作る
 

みょうがと夏野菜のピクルス

キエフ風カツレツ Котлеты по-киевски

キエフ風カツレツ

ロシアの日本食

日本ではあまり知られていないがロシアは親日国家の一つである 

モスクワには日本食店も多い

モスクワの日本食レストラン(コックは韓国人)

<目次>
1基本情報とロシア料理
2ロシアの歴史