テスト
 太平洋の小島1

 太平洋の小島2

太平洋の小島3

太平洋の小島4

太平洋の小島5

太平洋の小島6

そして 今回は過去にフランス領だった島! ナンバーセブンの島国はニューカレドニアです。

ニューカレドニアの歴史と基本情報

<基本情報> フランス領の島

位置はニュージーランドの北でオーストラリアの東 大きさは日本の四国ほど 

季節は日本と逆 日本が夏の時カレドニアが冬で日本が冬の時はカレドニアは夏

ニューカレドニアの場所
ニューカレドニアの地図

本土をグランドテール島と言いい南北400キロの細長い島 ミクロネシアやポリネシアに比べると大きい

台湾や東南アジアがルーツの原住民 カナック人が40% アジアとヨーロッパ系が それぞれ30%ずつ

ヨーロッパ系白人はフランス人が多い

原住民2
原住民 (1)
原住民 (2)

(公用語)
公用語はフランス語 日本人移民も多く日本語もよく通じる 

島民はとても親日的で日本人が市場を歩けば〃おみやげ〃と日本語で声をかけられ果物を無料で手渡してくれえる

ただし地方では日本語はもちろん英語も通じない

(宗教)
日本からの距離は約7000キロ 宗教はキリスト教 カトリックが60%でプロテスタントが30%

もともとはフランス人宣教師がカトリックを広め イギリス人がプロテスタントを広めた

教会のステンドグラスに白人が島に上陸する絵が描かれている 

白人宣教師が島に降り立った時の様子

白人が島へ初上陸したその年 農作物が不作であったため原住民は白人を嫌った

原住民の間で不作は白人のせいだとうわさが立ち とうとう一人の白人宣教師が殺されてしまう

島に不作を持ち込んだとして白人宣教師を処刑する

しかし それから長い月日がたち19~20世紀にかけて先住民のほとんどのメラネシア人がキリスト教徒に改宗された

一般的なキリスト像(白人)以外に褐色のメラネシア人のキリスト像(偽物)の像もある

ニューカレドニア独自のキリスト像

(国名の由来)
ニュー(新)は英語でカレドニアはスコットランドのラテン語 地元の人はニューカレドニアの事をカラーキー島と言う

1960年代大ヒットベストセラーになった小説 天国に一番近い島 の舞台になった 

通貨はフランス領ポリネシアのパシフィックフランを使用

パシフィックフラン

(歴史)約3000年前 今の先住民にあたる人の先祖が東南アジアの方からカヤックに乗って島へ上陸した。

1744年 初めて文献にニューカレドニアが登場する 白人で最初に島を見つけたのはイギリス人のクック船長だった

それから数年後 フランス人が島に上陸する そして木材を求めフランス イギリス両国の商人が島を多く訪れる 

断崖絶壁を切り開き港が作られた 島は1853年までフランスとイギリスの共同統治が続く 

しかし その後 フランスがイギリスに戦争で勝ち フランスがニューカレドニアを統治することとなる 

イギリスはオーストラリアを開拓するために700人の囚人をシドニー送った
 
それから65年以上後にフランスもニューカレドニアを開拓するために本土から4万人の囚人を島へ送り込んだ

フランスは1864年から34年間も流刑地として囚人を送り続けた

ニューカレドニアに送られた囚人は その後 約30年間 島の発展に尽くした 
 
そんな中 フランスで暴動が起こりその時の政治犯もこの島へ送られてきた。

送り込まれた政治犯は 貧しいフランス人が多かった その中の一人 詩人でもあるルイーズは

原住民にフランス語と革命の精神パルコムンを教えていた

1878年 ついにメラネシア人の大蜂起(だいほうき=革命)に発展する フランス軍が動員され革命はあえなく失敗に終わる

その後も何度か革命運動が繰り返されるが成功には至らない

メラネシア人の大蜂起

(転機)
フランス人が島でニッケル(ステンレスの材料)を発見する。すると世界中の人がこの島に集まった。

1905年 ニューカレドニアから日本へニッケル関連の仕事の労働者募集の声がかかった

1905年 船でニューカレドニアにやって来た日本人
ニッケルの採掘現場

明治時代 短期労働が条件だが 日本から600人の日本人が自主的に島に移住 特に九州 沖縄からの移住者が多かった

危険な作業に狭い小屋に20~30人 一緒に暮らした。鉱山を逃げ出した日本人は農業に重視した。

日本人は野菜作りが得意でニューカレドニアの農業の基盤を作ったのは その時の日本人だった

日本人を乗せてやってきた船

その後 20年間(1919年までに)で5700人の日本人が島に移住した。当時の日本人は島全体の人口の5%を占めていた。

しかし1941年 第2次大戦が始まると島の日本人は強制的に収容所に送り込まれてしまう

中にはニューカレドニアからオーストラリアの収容所に送られた日本人もいた

収容所で差別を受けながら亡くなっていった日本人も少なからずいる 首都ヌメアには日本人の墓石が建っている

ヌメア 日本人墓地

戦争が終わると島に住んでた日本人の多くが強制的に日本へ帰国させられた それでも現在8000人の日系人が島で暮らしている

なおニッケルの採掘は今も行われていて日本の50円玉や100円玉にも使用されている

ただ現在 ニューカレドニアの経済は観光業で潤っている

(島に再び独立の機運が高まる)
1960代に入り 島民に再び独立の機運が高まる 原因は原住民と白人との間にあった格差と差別であった

独立運動は留学生が原動力となった 1987年 独立運動は激化し戒厳令がひかれる

運動は裁判官やフランス人が殺されるまでに激化 ついにフランスから特殊部隊が出動し鎮圧を行った

対応に困ったフランス政府は1988年ころから自治区を認めるようになった

2018年に独立を問う選挙が行われたが独立反対派が過半数の56%の票を取り 結果 フランス統治に留まることとなった。

ニューカレドニア 国旗

ニューカレドニアの首都ヌメアとその他の島々

ーーーメヌア(首都)  別名 プチパリ  苦瓜の産地 人口約15万 島民の半数以上が首都に住む 平均気温25度 

ココアティアはヌメアの中心地

(カーズ)
先住民の先祖は とんがりコーンのようなカーズと言う伝統民家を建て暮らしていた。

伝統民家
尖がり屋根の伝統民家
原住民の伝統民家
民家
伝統民家
伝統民家 柵
カーズと言う伝統民家
カーズ
カーズ (2)

椰子の木を編んで作られた伝統民家は通気性もいい そのほか藁ぶき屋根の民家もある トーテル 彫刻で出来たポール

トーテル2
トーテル

原住民のボディーペイントは人間の皮膚にワニやトカゲのうろこを表現

ニューカレドニア人
ニューカレドニア人2 

(伝統料理ブーニャ 大げさな料理の一つ) 

バナナの葉を絨毯の様に広げ その上に芋 カボチャや魚を積み重ねる 魚の代わりにカニを入れることもある

バナナの葉は内側を火であおった柔らかいものを使用する 最後に具にココナッツミルクをかける

味付けはほんの少しの塩のみ バナナの葉で具材を包んでいく 仕上げは つるを使って結ぶ 

まるで引っ越しの時の梱包作業のように具を包む 

食材の梱包作業
梱包し終えた食材

土方作業の様にスコップで地面に穴を掘りバナナの葉で梱包された食材を土の中に投入

ブーニャの調理風景

さらに焼き石を入れた後 土をかぶせ2時間かけて蒸し焼きにする 待っている時間を利用し簡素な食器づくり

食器は椰子の木を編んだ籠を使用 また椰子の実は食材や食器 以外に燃料にもなる  

簡素な食器

ブーニャの味はバナナの葉でくるんだシチューのよう

ブーニャの完成
ブーニャ
ブーニャ (2)
ブーニャ

(プチトレイン) 汽車の形をした自動車 

プチトレイン2
プチトレイン
プチトレイン (2)

50CC以下の車があり14歳から運転できる 制限速度は45キロ

(エフ オー エルの丘)市内を一望できる丘

エフ オー エルの丘

(セントジョセフ大聖堂)

セントジョセフ大聖堂
セントジョセフ大聖堂 内部

(ラグーン水族館)オウムガイを飼育 オウムガイは5億年前から ほとんど姿を変えていない

オウムガイは別名 生きた化石とも言われている 国のシンボルで紙幣にも描かれている

オウムガイ
ラグーン水族館 オウムガイ

(ヌメア市場 朝市)朝6時30分~11時まで 朝市が開かれる

ヌメア市場

(サンジョセフ教会)ニューカレドニアカトリックの総本山

サンジョセフ大聖堂
サン ジョセフ教会


ニューカレドニアのその他の島々

(アメデ島)アメデ灯台 1862年 ナポレオン3世の命で作られた 高さ56メートル の灯台

アメデ島
アメデ灯台
アメデ灯台 (2)

内部に247段のらせん階段がある 150年の間 船乗りの安全を見守ってきた灯台 展望台からの眺めがいい

(マレ島)エニ村

ヌメアとマレ島の位置を示した地図
 

(ウベア島)遠浅の海岸 天国に一番近い島

(カナール島)ヌメアから水上タクシーで5分の場所にある島

(レキンの絶壁)

レキンの絶壁

(ウァントロの丘)フランス軍が設置した大砲がある

ウァントロの丘の大砲
ウアントロの丘

(ヌー島)大砲が残る かつて囚人が送られてきた島 週一回 監獄を見学できる

ヌー島
島に残る監獄跡
監獄跡

(パン島 イルデパン)1848年 初めて宣教師が到達した時の記念塔が建てられている

イルデパン
イルデパン カトリック宣教師が上陸した記念碑
 

パリ コミューンの流刑地の跡

パリ コミューンの流刑地の跡
パリ コミューンの流刑地の跡
ニューカレドニア博物館

(ペタンコ) 鉄の玉を使ったゲートボールのような競技

(鳥類) カグー 国鳥 縞模様の羽を広げ威嚇する 飛べない鳥 ジャングルの中を走り回り暮らしている

小さくてかわいいが性格は凶暴

カグー
カグー

(その他の飲食) 

ルロワ(コーヒー) カフェイン量が少ない 19世紀後半からコーヒー栽培が始まり 移民も栽培を行っていた

キハダマグロのカルパッチョ フランスパンサンドイッチ 

ニューカレドニア料理

タロイモ入りの肉まん シカ肉のホットドック 鶏肉のしょうゆ煮込み

鶏肉の醤油煮込み

(ビール)昼の12時から夜の9時までは販売禁止 ワインやシャンパンは別

<海洋生物>

(グラスボトムボート)船底が透明ガラスになっている 海の透明度は50メートルもある

グラスボトムボート2
グラスボトムボート
グラスボトムボート (2)

コバンザメ

コバンザメ

腹に吸盤のついたコバンザメ

コバンザメの吸盤
 

冬にあたる7月~9月はクジラが多くあらわれホエールウォッチングが楽しめる

ニューカレドニア ホエールウォッチング

(巨大魚 コブダイ)しゃこ貝のカルパッチョ アカモンガニ ヤシガニもとれる

コブダイ (2)
コブダイ
シャコガイのカルパッチョ
ヤシガニ
アカモンガニ
アカモンガニ (2)

エビがおいしい エビの長いひげは おいしさのあかし

ニシキエビ 重さ5キロ 

ニシキエビ3
ニシキエビ
ニシキエビ (2)
ロブスターのグリル

(漁業)今もカヌーに乗った昔ながらの漁が行われている 

ナマコがよく取れる その多くが海外へ輸出される 特に中国へ輸出されるナマコが多い

ナマコは かつて沖縄からの移民がよく捕っていた。

乾燥ナマコ