テスト

~カトマンズからの出発

TIMS許可書のチェックはないがサガルマータ国立公園入域料3390円が必要

4つの登山コース

コース①ジリからチャウリカルカ  所要6日間

カトマンドゥからバスでジリへ    

またルカラからスタートするコースもある

コース②ルクラからナムチェ 所要4日間

コース③ルクラからカラ パタール 所要11日間
※最も人気の高いコース

カラ パタールの丘 氷河と岩壁がひしめく

カラ パタール kala pattar
カラ パタールの丘

コース④ルクラからゴーキョ ピーク 所要10日間

予定より日数が多くかかることが多い

登山シーズンは乾季の10~5月までがいい しかし12月と1月は寒い

輸送コストがかさむため食費も高くなる一日 1500円から4000円程度

有料のwifiが使える

コース①

1日目 ジリ~バンダル bhandar

マリ mali

シヴァラヤ shivaya

デオラリ峠 deorali

2日目 ~セテ sete

セテ sete

ターラ コーラ tara khola

ケンザ kyenja

3日目 ~ジュンベシ junbesi

レンニ派ゴンパ(僧院) 

4日目 ~マニディンマ

ソールン salung

リンモ ringmo

リンモ ringmo

タクシンドゥ峠 thagsindhu

5日目 ~ブクサ

ジュビン jubin

カリ コーラ khari khola

カリ コーラ khari khola

6日目 ~チャウリカルカ chaurikharka

プイヤン puyan

スルキャ surkya

ーーーーーソルクンブ郡のクンブ地方のルクラ lukla 2840メートル エベレストから35キロ

テンジン ヒラリー空港 標高2860メートル カトマンズから飛行機で2時間

ヒマラヤ山脈の谷間にあり離着陸には高度な技術が要求される 危険な空港として有名

また国内線、国際線、ともに一本の滑走路しかないので

と飛び立つまでに大渋滞している 混雑時 飛行機は降りられず空の上をぐるぐると迂回することもある

テンジン ヒラリー空港
ルクラ飛行場
世界一危険な飛行場

滑走路が短いため離陸するときは下り坂 着陸するときは登坂

多い時は一日57便  エベレスト登山の玄関口 年間3万人がエベレストを目指す
 
登山は9月末から5月までの寒気がベスト

–コース② ルカラからナムチェへ

1日目

ルクラ~チェモア chumoa

パクディン phakding

パクディン phakding

モンジョ monjo

モンジョ monjo
モンジョ monjo2

2日目と3日目 ~ナムチェ namce

ジョサレ jorsale

ジョサレ jorsale

4日目 ~ルクラ

※ジョルサレからナムチェへ上る途中 初めて遠くにエベレスト山が見える
クーンブ入域料2000円とサガル国立 入域料 3390円が必要

チベットとの国境は現在 封鎖されている

ーーーーナムチェバザール 標高3440メートル 人口1200人

エベレスト街道で一番大きな村

シェルパ族の村 シェルパの里 ヒマラヤ登山の拠点 シェルパとは もともと東の人という意味  チベット仏教寺院も多い 

ナムチェバザール
ナムチェバザール3
ナムチェバザール (2)
ナムチェバザール (3)

アバブラム(チベット語で母の首飾りの意味)

5色の旗 タルチョにはお経の文字が書かれている 

黄色=大地 緑=風 白=雲 赤=火 青=空 タルチョを張るのは家の屋根より高いところ

ネパール タルチョ

農家の年収は5万円 しかしヒマラヤ登山のガイドを務めると一回の登山で30万の収入

シェルパ族は200年前(16世紀ごろ) チベットからヒマラヤを超えやってきた民族

ヒマラヤ登山の途中 チベット仏教の祭壇が作られてい

ヒマラヤ チベット仏教の祭壇
 

ヒマラヤにチベット仏教を伝えたチベット人のグル リンポチェが祀られている

グル リンポチェ

登山具にはバターが塗られる 

チベット仏教の儀式の最後はツァンパ(パンを焼くときの粉)をまく

そば粉を使用したそばを食べる習慣がある ルチンという

シェルパ族はラマ教(チベット仏教)を信仰 山は神聖な所とされている

週2回 バザールが開かれる(時に週一 毎週土曜日に開かれるのが一般的)

 しかし3500メートルより高いところでは生き物を殺してはいけない

そのため 肉類はそれよりも低いところで売られている

ベースキャンプでは生肉を売りに来るネパール人がいる

昔はチベットの岩塩とインドの米が交換される場所だった

ナムチェバザール 市場
ナムチェバザール 市場2

ナムチェのシェルパ文化博物館には日本人で初めてヒマラヤ登山に成功した上村直樹の写真が展示されている

シェルパ文化博物館

そのほかシェルパを入れてエベレスト登山に成功した700人の写真が展示されている

上村直樹の写真

国立公園博物館 ヒマラヤの動植物やシェルパの生活を展示

クーンブ氷河  アマダブラム6812メートル

アマダブラム

タウツェ6501メートル

ナムチェから1泊2日の(ミニ)トレッキングコースもある

目のついた仏塔(ナムチェバザール)

ーーークムジュン 標高 3800メートル 人口1500人

イエティの鳴き声 イエティとはヒマラヤに住む全身白い毛におおわれたゴリラのような架空の生き物

お寺にイエティーのミイラ(体の一部)が保存せれている 寺の中に入るには1000円のお布施が必要

大事に冷蔵庫のような金庫の中に保管されていた

300年前に発見された サルの頭のような形 イエティーの頭皮だといわれている  そのほかミッティ チュティがいる

幻の珍獣イエティー
イエティーの頭皮が保存されている冷蔵庫
イエティーの頭皮

チャンドと言うブロックづくり

日本語学校がある

日本語学校の看板

ヒラリーが作った病院や学校がある

ーー国鳥ダフェに会える
標高2600メートルにすむ青く大きな鳥 日本名はニジキジと言う

ダフィ(ニジキジ)

ーーーークムジュン村

菊や柿は日本から送られたもの 柿を使った染め物もある

クムジュン村
クムジュン
クムジュン2

コース③ ルカラからカラ パタール(黒い岩という意味) 6日コース

初日から3日目まで  ルカラ~ナムチェ 

高山の環境に 体を慣らすため2泊する(高度順応)

4日目 ~タンポチェ tyangboche

キャンズマ kyanjuma

サナサ sanasa

プンキテンガ phunki tenga

プンキテンガ

ーーータンポチェ村3860メートル

タンボチェゴンバ(僧院) 

タンポチェ村にあるチベット寺院では登山の安全祈願が行われる

タンポチェ村 tyangboche
タンポチェ
タンポチェゴンパ
タンボチェゴンバ(僧院)

1982年 エベレストの冬登山に成功し帰り道で遭難して亡くなった

日本人登山家 加藤保男さんの慰霊碑が立っている

5日目から最終日まで ~ディンポチェ 高度順応のため2泊する

ーーーーディンポチェ 4400メートル

ディンボチェ
ディンボチェ
ディンボチェ (2)

パンボチェ pangboche

パンボチェ pangboche

毎年11月にシェルパ祭りが開かれる マニ リンドゥ また11月から12月にかけてヒマラヤ桜が咲く シェルパ族の正月は2月ごろ

マニ リンドゥ(祭り)

(ヒマラヤ桜)

桜の発祥はヒマラヤ ヒマラヤの桜は標高の高い所から順に咲く 

開花も日本より長く数週間はもつ グルン族の結婚には桜の木が必要

奇麗な桜が咲くが花見などの習慣はない ガスが通っていないため 桜の木はまきとして使われる

7日目 ~ロブチェ lobuche

ロブチェ lobuche
ロブチェ lobuche2

トゥクラ tukla

ゴラクシェプ gorakshep

ゴラクシェプ gorakshep
ゴラクシェプ gorakshep2

8日目 ロブチェ~カラ パタール kala pattar~ロブチェ

9~11日目(最終日) ~ルクラ

コース④ ルクラからゴーキョ ピーク 10日間のコース

ゴーキョ ピーク gokyo peak 美しい氷河湖

ゴーキョ gokyo
ゴーキョ gokyo2

1~3日目 ルクラからナムチェ

高度順応のため2泊する

4日目 ~モン ラ  mong la

モン ラ  mong la

キャンズマ(コース③でも立ち寄る)

5日目 ~ドーレ dole

ドーレ dole

ポルツェ テンガ phortse thanga

6日目 ~マチェルモ machhermo

マチェルモ machhermo

ルザ luza

ルザ luza

7日 ~ゴーキョ gokyo

パンガ

8~10日目 ~ルクラ

カクマラ峠


<目次>
1ネパールの基本情報
2ネパールの歴史と政治
3カトマンズ市内の情報
4カトマンズ(ダルバート広場)
5カトマンズ盆地と郊外
6カトマンズ郊外(ランタン国立公園)
7ポカラとマチャプチャレ登山
8ポカラ発アンナプルナ登山
9ヒマラヤの基本情報と
登山の歴史について

10ヒマラヤ登山
(初級~中級 カトマンズ発)

11エベレスト登山(上級編)
12チトワン国立公園
13ルンビニ(ブッタのふるさと)
14その他の名所
15ネパール料理