テスト

こないだの夜 三重県から愛知県まで野菜を届けた時のことです。

いつも通り納品を済ませ帰ろうとしたとき倉庫の出入り口で送迎バスを待つ多くの外国人(アジア系)を見かけました。

これは いい機会だと思い早速インドネシア旅行で覚えたマレーシア語で あいさつしました。

ちなみにインドネシアとマレーシアは ほぼ同じ言語です。

しかしサラマパギ アパカバル(こんにちは 元気ですか?) もトリマカシ(ありがとう)も全く通じませんでした。

そんなことは今までかつてなかった事です。

すると その外国人は僕に対して日本語でマレーシア人ですか?と訪ねてきました。

実は 僕は大きな勘違いをしていました。彼らはマレーシア人ではなくネパール人たちでした。

たしかに その時は夜も遅く外は暗くて あまりよく見えなかったのですが

よーく見たらそれらの外国人はインドっぽいの顔をしていました。

そこでナマステ(こんにちは)と訪ねたら やっと通じました。

↑(写真)ヒンドゥー教徒のあいさつでもあるナマステはナムアミダブツなまって出来たそうです。

われわれ日本人のように宗教にそれほど関心のない人たちにとって動物はどうしても人間より目下の存在になります。

ところが仏教の信仰が強い人にとっては人と動物は平等の扱いになります。

さらにヒンドゥー教世界では動物は神様で人より目上の存在になります。

そのため多くのヒンドゥー教の寺院では動物をあがめた像がまつられています。

近年 多くのネパール人が日本へ働きに来ているみたいです。

日本にある多くのインドカレー店はネパール人が作っているそうです。

もちろんそれらのお店ではビーフカレーといった無礼な食べ物は売ってません。

そんな中 とある牛丼チェーンのお店に入った時のことです。

そのお店では多くのネパール人が働いていました。

実は牛はヒンドゥー教徒のネパール人にとって とっても神聖な生き物の一つです。

おそらく ネパール人にとって牛を調理するということは

仏教徒の日本人でいうところの大仏を煮込んで食べるようなかなり罰当たりに行為に当たるでしょう

↑(写真)ネパール人にとっての牛丼とは日本人でいうところの仏像のしょうゆ煮込みと言ったところです。

ネパールには中国からの多くのチベット難民が暮らしているそうです。

さらに大昔のチベット王国はネパール人の王によって作られたそうです。

そんなネパールとつながりの深いチベットは今も中国政府の弾圧を受けています。

そんなこともありネパール人は中国人を嫌っているのかと思いきやそうでもないようです。

実はネパール人はネパール人と顔つきも同じで文化面でもよく似ているインド人のほうを嫌っているみたいです。

自分の国から離れたところで戦争をしたがるアメリカは別として

どうやら世界の国々は隣同士の国と中が悪いようです。

しかも人種や文化面で似てれば似てるほどその傾向にあるみたいです。

そこで日本人と韓国人 そして中国人がこのような顔つきをしていたら今後 喧嘩は起きないかもしれません。

東洋人の理想な顔つき

(ネパールの基本情報)

緯度は沖縄と同じ 北海道の1.8倍の国土に日本の5分の1の人口 2700万人(オーストラリアより多い) 

ネパールの端から端までの距離は約840キロメートル 山が多い環境はスイスとよく似ている

海から遠い 年50万人が海外に出稼ぎに行く(うち3万7千人が日本に来ている)

 氷河湖が3000以上

gokyo peak 美しい氷河湖
gokyo peak 美しい氷河湖2

山を現した国旗

ネパール国旗

 国内の電力のほとんどが水力発電

定期的に計画停電を行い電力の調整を行っている

場所によっては毎日 計画停電

1日12時間の停電 水道電気 信号も止まる 水道は週に1日使える

また 牛の糞でメタンガスを発生させエネルギー源にする方法もある

さらに牛の糞は土と混ぜ民家の壁に塗る ハエよけになる 

ヤギの糞は肥料になる

まきの使用量が減り 森林が増えた さらに土砂崩れや洪水も減り 地下水が増えた

80歳になると お祝いとして家族から曼荼羅の絵が贈られる

仏教の宇宙観を現した絵 曼荼羅(まんだら)

(曜日)
銀行や役所は金曜は半日 土曜は休み 日曜は平日扱い

 (刺繍 工芸品)

ネパールの刺繍は有名

ネパール刺繍

 オリジナル刺繍1800円

刺繍入りオリジナルTシャツ

そのほか 伝統の草木染 手間がかかる 日本でも買うことができる

(日本との関係)
日本とネパールの関係は120年前に始まった

日本のインドカレー店のカレーは ほとんどがネパール人が作っている

(お金に関する話題)
農業国だが平地が少なく農業に適していない 山岳地帯で農業をする人が多い

農家の年収は5万円  

アジア最貧国  ひとりあたりのGDP 約700ドル 観光収入は年370億円

資源もなく 世界一開発の難しい国でもある 

ネパールルピーのレートはほぼ円と同じ

日本円とほぼレートが同じのネパールルピー(イランも同じ)
(東京) 

東京(新大久保)ではかつてのコリアンタウンがネパール人街に代わる

ネパール人が日本に来て驚いたこと日本富士山が低い

カレーが甘い

東京のネパール人街

(宗教)
昔は仏教徒ヒンドゥー教が混在していた

今はヒンドゥー教を信仰する人が8割(仏教9パーセント イスラム7~8パーセント)

輪廻転生を信じるヒンドゥー教徒は墓を作らない(※チベット仏教徒は墓を作る)

人より神の数のほうが多いといわれてる

サドゥとは言えヒンドゥー教において厳しい修行に身を置く人

瞑想とは神と一つになること 

ネパールでは人は死後 3万回生まれ変わるとされている

ネパールには外国人が入れないお寺もある

(祭り)

4月 ビスケート祭 bisket jatra

ビスケート祭 bisket jatraBisket Jatra
ビスケート祭 bisket jatra2

マチェンドラナート祭 machhendranath jatra パタンで開かれる

2月

シュリー パンチャミー shri pandhami

シヴァ ラートリー shiva ratri

シヴァ ラートリー shiva ratri
シヴァ ラートリー shiva ratri2

9月14日 ヒンドゥーの祭り 女性は赤いサリーを着る

インドラ祭 indra jatra カトマンズで開催

インドラ祭 indra jatra 2
インドラ祭 indra jatra
インドラ シャトラ祭り
インドラ祭 indra jatra3
インドラ祭 indra jatra4
インドラ祭 indra jatra5
インドラ シャトラ祭り  クマリ

10月から11月にかけて ダサイン ティハールという大きな祭りが開かれる

ブッダ ジャヤンティ buddha jayanti パタンやルンビニで開催

ティハール tihar ディワリーとも言う

ブッダ ジャヤンティ buddha jayanti
ティハール祭り
ティハール tihar
ティハール tihar2
ティハール tihar4
ティハール tihar3

ダサイン ティハール dasain 国内最大の祭り 10日間行われる

ダサイン dasain2
ダサイン ティハール
ダサイン dasain

(学校 貧困)
生徒は山道を2時間かけて通学 しかし先生は生徒の出席だけとって帰ってしまう

男は海外へ出稼ぎに女の子は家で重要な働き手になる 

そのため親は子供を学校に行かせたがらない

義務教育制度がなく 識字率は66パーセント

17歳以下の児童労働者は約40パーセント

そのうち20パーセントは学校に通っていない(※2008年現在)

国内に産業がなく農業が主なため 人身売買も問題になっている

インドへ売られていく

国民の4分の一が一日2ドル以下で暮らす最貧国

ネパールでは文章は縦書きで下から上に書いていく

(ネパール地震)
2015年 4 25 マグニチュード 7.8 の地震が発生 雪崩被害も発生 死者8500人以上

90万棟の建物が崩壊

ネパールからインド北部にかけての地震だった

めったに地震が起こらないところだった 今回 81年ぶりの大地震となった

ベースキャンプでは突風が襲ってきた 17人が死亡 

一般的にテントの中にいるときに雪崩が襲ってきたら外に出たほうがいい

しかし今回の場合は外に出た人は突風に襲われ 窒息死してしまった

中には手足を切断しなければならない患者もいる 登山中の日本人も1人 死亡

高さ50メートルの仏塔も崩壊 ゴルカ(震源地)で100人死亡 マナカマナでも被害 ポカラの被害は少ない

カトマンズでは人口が密集しているところで特に大きな被害

テントが足りていない 政治混乱で政府がうまく機能していない

ネパール地震
ネパール地震2
ネパール地震3

(一夫多妻制の反対 多夫一婦制)

一人の女性に複数の夫が嫁ぐ フンレリ族

両親が決めた結婚 花嫁(25才)一人に対して5人の新郎

新郎は5人とも兄弟 上は25歳 下は8歳

厳しい土地で生きる知恵 

兄弟それぞれに結婚すると 畑がバラバラに管理されるため

(民族衣装)
クルタスワール (パジャマのような女性用の服)
昔は未婚女性の実が来ていたが今は関係ない

(ネパール語)
 ダンネバード ありがとう

ナマステ こんにちは さよなら(相手を見ながら胸に両手を合わせナマステとあいさつする)

ピューラピューラ (ペラペラおしゃべりの意味)

ハイとうなずくとき首を横に振る(※インド同様)


<目次>
1基本情報
2歴史と政治
3カトマンズ市内の情報
4カトマンズ(ダルバート広場)
5カトマンズ盆地(郊外)
6カトマンズ郊外(ランタン国立公園)
7ポカラとマチャプチャレ登山
8ポカラ発アンナプルナ登山
9ヒマラヤの基本情報と
登山の歴史について

10ヒマラヤ登山
(初級~中級 カトマンズ発)

11エベレスト登山(上級編)
12チトワン国立公園
13ルンビニ(ブッタのふるさと)
14その他の名所
15ネパール料理