テスト

〇ゴビ砂漠 草がまばらに生えている 夏は気温45度 ところどころに動物の骸骨がある

(ゴビ=モンゴル語で荒れた大地)東西1600キロ 南北970キロ
砂地は少ない 降水50~100ミリ以下

海からの湿った風はヒマラヤ山脈で遮られモンゴルへ到達することはない

ヒマラヤ山脈が壁となりモンゴルに吹く

高さ200メートルの砂山 砂が流れ落ちるとき低音のゴーという音が鳴る 砂山の長さは100キロメートル

〇炎のがけ 多くの恐竜の化石が見つかっている 8000万年前の物 ここで初めて恐竜の卵の化石が見つかった

その昔 恐竜がいたころゴビはジャングルだった

4500万年前 ヒマラヤ山脈ができたことにより 砂漠化が進んだとされている

ラクダキャラバン とげのような枝をバリバリ食べる ラクダしか食べられない

枝の固いトゲを食べても怪我なしで へっちゃらな駱駝の口
ゴビ砂漠 ラクダキャラバン

歩く速度は4から5キロ 走ると20~25キロ 宋度が早くなればそれだけ揺れも大きくなる 

1000頭のフタコブラクダ 長いマツゲは砂や嵐の時 目を守る 鼻の穴はぴったりととじられるようになっていて砂やゴミが入らないようになっている 

砂に潜り込まないような足になっている こぶに蓄えられた足坊を体の中で酸素と反応させ水を作る そのためラクダは2週間近く全く水を飲まなくても平気

穴の中で暮らす小動物は 大砂ネズミと キタミユウトビネズミ ゴビのオアシスは30個 ゴビヒグマ コウジョウセンガゼル

大人のラクダは一回に100リットルの水を飲む フタコブラクダ 1頭で100キロの荷物を積む

ラクダのバター ラクダの体脂肪率は40パーセント

アゲハツルの求愛ダンス 

イフガゲクンチョロー国立公園 昔は海だった 

モウコノウマ 気性が荒くモンゴル人でも乗りこなすのが困難

モウコノウマ

ーー草原
牛のふんを乾燥させいぶして虫よけにする
オボーと言う小さな石山 人的に作られたもので聖なるものとされている

オボー

ヘンティ県 ダダル チンギスの生まれ故郷 証明する石碑が建てられている

鹿石 アラシャンハド 草原にごつごつとした岩山がぽつりぽつりとある 聖水岩 岩には大昔の文字や絵が描かれている

鹿石2
鹿石

チンギスの霊りょう跡は今では土が少し盛り上がっているだけ 人や動物の骨が多く出土されている  

コウザンネズミはアカギツネの好物 犬ほどの大きさのタルバハン(リスの仲間)

ーーー狼オオカミーー
冬の草原は 粉雪は積もらない マイナス30度 遊牧民は狼をとらえオオカミのキモを食べると 特別な力を授かるとされている

狼の群れは一晩に100頭の羊を殺すこともある そのため遊牧民は時に狼狩りをする

まず狼の鳴き声を真似をする すると狼もその声にこたえる そのようにして狼の居場所を見つける

狼を見つけたらライフル銃で仕留める

ゴビ砂漠

<モンゴル目次>
1基本情報
2モンゴル人にとっての正月ナーダム祭
3フブスグル湖
4イーグルフェスティバル
5ゴビ砂漠
6ウランバートル(首都)
7カラコルム
8その他の情報(モンゴル料理ほか)