テスト

〇モンゴルバヤンウルギー県(モンゴルの西の果て)

10月3~4 カザフ族(遊牧騎馬民族のまつえ ムスリム)のイーグルフェスティバル  馬に乗ったワシ使いが集まる 狩の腕を競う大会

アルタイ山脈のふもと 祭りは羊の毛皮を奪い合う競技で始まる

アルタイ山脈2
アルタイ山脈

9つの村 65人の鷹匠が参加 3つの種目で争う

第一の種目 堂々とした姿を競う 2つ目 高台から放ったイヌワシが飼い主の腕に戻るまでのタイムを競う

大会2日目 狩の腕を競う 高さ100メートルから イヌワシが獲物を捕らえるまでの時間を競う

ーー鷹匠=ブルクチェ  鷹匠は左手に馬の手綱を持ち 右手にイヌワシを持つ 14歳から狩の仕方を習い始める

家の中にロープを張りその上にイヌワシを乗せバランス感覚を身に着ける   獲物のキツネやウサギの毛皮を帽子や服にして売る

(イヌワシ)
モンゴル以外に中国 中央アジア ネパールに生息

羽を広げると2メートル 重さは5キロ 握力150キロ 1キロ先の獲物を見ることができる視力 人間の10倍 速度は時速200キロ 100メートルを2秒のスピード

獲物はキツネやウサギ 最初の獲物の心臓はイヌワシに食べさせる習慣がある

南にアルタイ山脈 獲物のウサギやキツネは足が速く鉄砲で仕留めるのは難しい そのためイヌワシを使う

イヌワシは切り立った岸壁のくぼ地に巣を作る 

通常 イヌワシは2匹のひなを一緒に産む モンゴル以外のところでは 先に生まれたひなが後から生まれてきたひなを殺してしまう

えさの量が少ないことが原因 モンゴルではエサが豊富なため2匹とも育つ ひなの毛は白い 巣立つまでの期間は2か月

10メートル以上の垂直のがけにイヌワシの巣がある 母イヌワシの留守を狙って一匹のひなをいただく

狩をしないときのイヌワシはおとなしくさせるために目隠しをする

ホブド川の水が生活用水 氷を砕いて持ち帰る イヌワシのエサは馬肉4人前 ホースを使って水を口移しで与える 丘の上から獲物を狙う

飼っていたイヌワシは 7年から9年後 自然に戻す 

ホルボ村 10月中旬 川に氷が流れ出す  

ツァバガラブ山 4208メートル

  標高2800メートル

(そのほかの大型の鳥)
オオノスリ 1.7メートル クロハゲワシ(で最も多い)主に死骸の肉を食べるため草原の掃除屋さんと言われてる

イヌワシ
イーグルフェスティバル
モンゴルバヤンウルギー県  イーグルフェスティバル
モンゴルバヤンウルギー県 

<モンゴル目次>
1基本情報
2モンゴル人にとっての正月ナーダム祭
3フブスグル湖
4イーグルフェスティバル
5ゴビ砂漠
6ウランバートル(首都)
7カラコルム
8その他の情報(モンゴル料理ほか)