テスト

(歴史)
チンギスが初めて小さな部族を束ねた指導者だった 孫のフビライハーンが世界中の領土を拡大

モンゴル帝国時代 全人類の半数がモンゴルの支配下にあった

北京やモスクワの町の基礎を作ったのもモンゴル帝国時代のモンゴル人だったと聞きました。

14世紀 モンゴル帝国がユーラシア大陸とヨーロッパを占領

モンゴル帝国は分裂

15世紀 大航海時代 コロンブスは東方見聞録を持ち歩いていた。

1755年 清朝に支配される

1924年 社会主義国として独立

1990年 民主化される

大草原とゲル 冬は暖かく 夏は涼しい  夏用と冬用の2種類ある

冬はくぼ地にゲルを立てる

冬 小さな家畜は木造の小屋に移し夏にためておいた干し草を与える

(基本情報)
モンゴルは南から砂漠地帯 草原地帯 山岳地帯と3つに分かれている

太古のモンゴルは海だった
モンゴルの面積は日本の4倍 モンゴルは地下資源も豊富 1992年 民主化 

夏の初めに雨が降る 夏の気温は20度前後  冬はマイナス30から50度 夏と冬の気温差は80度

ソ連が作ったモンゴル社会主義共和国はソビエトの16番目の共和国と言われた

当時 モンゴル経済は97パーセント ソ連から援助されていた

ソ連崩壊後 モンゴルも民主化されウランバートルのスターリン像が撤去された

人口は日本の43分の1 家畜の数は人口の20倍 4500万頭

牛 馬 ラクダ ヤギ 羊 5種類の家畜を飼っている 中国内モンゴルでは 政府が定住化を進め 家畜を囲いで囲ってかっているため砂漠化が進んだ

モンゴルの遊牧民は移動の後は何も残さない チンギスハーンの制服の歴史も記録としては残ってない。(※征服した側の)

ただ征服された人々の記録が残っているのみ 遊牧民はお客さんから家畜の値段や町の情報を手に入れる お客さんはめいっぱいもてなす 

南部は草原 北部は3000メートルクラスの山岳地帯

遊牧民は6家族26人で暮らしている 家畜は550頭 家畜の肉や毛皮を売って生計を立てている

羊とヤギを一緒に放牧する 羊は移動距離が少なくヤギは移動距離が多い 羊はヤギにつられて広い範囲の草を食べることができる

モンゴル国旗には魚が描かれている

モンゴル人はもともと釣りをしなかった 釣った魚は油で揚げて食べる 日本にはないような大型の魚が釣れる レアーはネズミの疑似餌 イトウ釣り 

日本より魚の種類が少ない

昔はモンゴルにも多くあったスターリン像
夏のモンゴル
冬のモンゴル

<モンゴル目次>
1基本情報
2モンゴル人にとっての正月ナーダム祭
3フブスグル湖
4イーグルフェスティバル
5ゴビ砂漠
6ウランバートル(首都)
7カラコルム
8その他の情報(モンゴル料理ほか)