テスト
カラ・ホト遺跡
カラホト遺跡

居延海(湖) ラクダに乗って砂漠に買い物 生きた羊を裁く時に一滴も血を出さずにしめる

居延海 (湖

〇额济纳 エチナ(モンゴル国境まで約80キロ) 人口1万5千 西夏人はいなくなった 新疆から来たトルグート人が多い 

カラ・ホトの歴史は1032年に遡り、11世紀に交易で栄えた西夏の中心都市であった。

高さ9.1メートル、厚さ3.7メートルの城壁に囲まれ[2]、東西421メートル、

南北374メートル[3]の囲郭都市であった。カラ・ホトが最初に落城したのは1226年
、モンゴル帝国のチンギス・ハンによって[4]であるが、落城後もモンゴルの宗主権のもと、繁栄を続けた。
ゴビ砂漠 エチナ川(黒河)峰火台 仏塔 トルフト族 深さ3メートルの川 川は毎年 消えたり現れたりする
管理人(軍人)はパオで暮らす 遺跡内には頑丈なカギがかけられている 遺跡の中には蛇がいる
遺跡の高さは10メートル 1226年 チンギス軍が攻めてくるがカラホトだけが無傷で残った
しかしその後13と14世紀に2度の戦火に見舞われ今は廃墟となる
オゴ 小石を積み立てた祈りの場所(石山)黄砂の発生源 砂漠化が深刻
 黒河(下流)の水もかれ家畜を売って生計を立てるが収入は減り続けてる 伝統の遊牧をやめ町へ移住する人が増えている
明代(600年前) カラホトにはハリバトルと言う無敵の将軍がいた ある日 明の軍隊が攻めてきたが撃ち落とすことができなかった
そこで明軍は黒河をせき止めた 水が枯れ やがてカラホトは滅びていった

黒河

居延海(湖)昔は琵琶湖の1.5倍の大きさがあった今は水が枯れ砂だけになってしまった
ラクダに乗って砂漠に買い物 生きた羊を裁く時に一滴も血を出さずにしめる

<中国 華北 目次>
1 北京 万里の長城(司馬台長城 八達長城) 故宮 天安門 頤和園 明の十三陵
2 河北省 河北省 (長城の東の果て 海に面した長城)
3 河北省 避暑山荘 (チベットやモンゴル族との友和のために作られた)
4 河北省 張家口 (大境門長城 張家口堡 打樹花)
5 河北省 壩(ば)上草原 清東陵(第6代 乾隆帝の墓)
6 河北省 広府(城壁で囲まれた町) 呉橋(雑技のふるさと) 唐山市 燕山山脈
7 山西省 大同 (雲岡石窟 懸空寺 岸壁に築かれた寺)
8 陝西省と山西省 (壺口ここう瀑布 黄河の大滝 清涼山 万仏寺)
9 山西省 平遥古都 ( 灰色瓦屋根の古い町並み 700年続く城壁都市)
10 山西省 五台山 ( 5つの峰からなるチベット仏教の聖地)
11 山西省 得勝堡 ( 遺跡の中にある城壁で囲まれた100件ほどの町)
12 内モンゴル (カラ・ホト遺跡 ゴビ砂漠 エチナ川)
13 内モンゴル (フルンボイル ノモハン 戦争の跡)