テスト

マラッカの歴史は15世紀にアラブの商人が港を築いた事に始まります。

マラッカ王国時代にはベネツィア インドや中国 琉球(沖縄)の人が集まり84の言語が話されていたそうです。

15世紀アラブの商人2
15世紀アラブの商人

マラッカスルタンパレスは15世紀 マラッカ王国時代の建物を再現した観光施設です。

マラッカスルタンパレス

また 15世紀に繁栄したマラッカ王朝の王の子孫が今もマラッカに暮らしているそうです。 

彼らは事業に成功し自宅には時価30万の食器が あるほどの大金持ちだそうです。

16世紀初めポルトガル人はスパイスを求めてマラッカにやって来ます。その時の子孫が今でもマラッカで暮らしているそうです。 

マラッカのポルトガル村ではポルトガル風のシーフードが評判で それ以外にもチキンポンテ(鶏と野菜の煮込み料理)などポルトガル風のマレー料理が食べれるそうです。

ポルトガル風のシーフード

サンチャゴ砦は1511年(16世紀)マラッカ王国を倒したポルトガル人がオランダとの戦いのために建てられた砦です。

サンチャゴ砦

<サンチャゴ砦に関する ビデオ>

残念ながら壁のほとんどの部分はのちにマラッカを統治したイギリス人に爆破されてしまいます。

壁の厚さは3メートルで一部残った壁にはコンクリート以外に鉄やアルミも含まれていました。

かつては高い塀で囲まれていた要塞の内側には病院や学校 刑務所まであったそうです。そして多くのポルトガル人が暮らしていたそうです。

ーかつて城壁に囲まれていたー

ブログ〃夢と希望のバックパッカー〃からマラッカの城壁の跡の写真です。

ファモサ要塞
カラユキさんと言われる人が働いた昔の売春宿
マラッカ特産のパームシュガー2
マラッカ特産のパームシュガー

<目次>
1マレーシアに関する基本情報
2マラッカ王国と
ポルトガル統治時代のマラッカ

3マラッカ
~フランススコザビエルに関する話題~

4オランダ統治時代のマラッカ
5タンチェンロックと中国人華僑(マラッカ)
6ハーモニーストリートほか
~マラッカの町の様子

7KL(クアラルンプール)の基本情報
8KLマレーシア独立記念日
9KLインドの奇祭タイプーサム
10KLチャイニーズニューイヤー
11ウミガメの出産(クアラトレンガヌ)
12ペナン島
13ランカウイやイポーとその他の名所