テスト

—–首都 ビシケク ビシュケク———

独立して20年 ビシケシは人口100万までに成長した

町の中心地から少し離れると大草原

郊外に馬が多い

キルギスの大草原

(国立歴史博物館)

3階建ての大きな建物 サカ族(スキタイ民族)の金製品 乗馬の道具などを展示

サカ族

ソ連時代 入口のところにはレーニン像がててられていたが今は博物館の裏に移動された

その後は 自由の女神像が置かれていたが 2011年 独立20周年を記念してマナス王像に建て替えられた

ビシュケク 国立歴史博物館
ビシュケク 国立歴史博物館2
国立歴史博物館
国立歴史歴史博物館の内部
ビシュケク 国立歴史博物館 マナス王像
マナス王像
ビシュケク 国立歴史博物館 石人

(アラ トー山脈)

アラ トー山脈

(オシュ バザール)

オシュ バザール
オシュ バザール2
オシュバザール

(キルギス国立美術館)

キルギス国立美術館

(バザール通り ビシュケシ市民の台所)
<郊外>
(アラアルチェ自然公園)
市内から約30キロの距離にある 雪山に氷河もある

アラアルチェ自然公園

アクスー峡谷 アラメディン峡谷

アクスー峡谷 

(イシクアタ温泉保養地)
8世紀に書かれたとされる薬師如来像の岩絵が残っている

イシクアタ渓谷の温泉場

イシクアタ温泉

(ブラナの塔とバラサグン遺跡)
11世紀に作られた塔 荒野の中にポツリと立つ円柱形の煉瓦の塔 独特の模様がきれい

昔は45メートルあったそうだが15と16世紀に起こった地震により崩壊し高さが24メートルとなってしまった

塔は若干斜めに傾いている

この塔の近くでアラビア文字で書かれた石が発見された カラハン朝の頃の都だったと記されている

石を削って作られたお地蔵さんのような石人も見つかっている

ブラナの塔
石人
バラサグン遺跡
バラサグン遺跡2

(アクベシム遺跡)
三蔵法師も訪れた6から12世紀の仏教寺院跡の遺跡 

アクベシム遺跡
三蔵法師

唐のころの砕葉白(スイアーブ)

クラースナヤ レーチカ遺跡 には長さ11メートルの大仏があった

クラースナヤ レーチカ遺跡

ロシアのエルミタージュに運ぶ際 いくつかのパーツに切断され運ばれた

(ソンクル湖)

ーーータシュラバット遺跡ーーー

ビシュケシからナリンを経由して車で7時間かかるところにある

昔 キャラバンの宿泊施設があった遺跡

ーーータラスーーー

マナス廟(キルギスの英雄のお墓)

マナス廟


<目次>
1基本情報
2オシ 民族対立
3ビシケク
4イシク クル湖
5中国国境 飲食