テスト

ドルマバフチェ宮殿 ベイレルベイ宮殿 beylerbeyi sarayi (イスタンブール アジア側)

1856年 ボスポラス海峡沿いに建てられた宮殿

トプカプ宮殿 老朽化に伴い ボスポラス海峡に新たにドルマバフチェ宮殿が建てられた

全長600メートルの白亜の宮殿(洋風建築)

トルコに国賓が招かれた時 この宮殿に宿泊する。

ドルマバフチェ宮殿
ドルマバフチェ宮殿) (1)
ドルマバフチェ宮殿 (2)
ベイレルベイ宮殿

来賓を招き入れる 歓迎の間(ドルマバフチェ宮殿)

イギリス製の金ピカで豪華なシャンデリアが天井を飾っている

シャンデリアはバカラ製で重さは4.5トンもある

歓迎の間(ドルマバフチェ宮殿))
(ドルマバフチェ宮殿)のシャンデリア

クリスタルの階段(ドルマバフチェ宮殿)

オスマン伝統の建築スタイルで建てられている

クリスタルの階段2
クリスタルの階段
クリスタル階段ドルマバフチェ宮殿)手すりがクリスタルで出来ている
クリスタル階段(ドルマバフチェ宮殿))

大使の間(ドルマバフチェ宮殿)

スルタンが各国大使を受け入れた部屋

大使の間(ドルマバフチェ宮殿) (2)
大使の間(ドルマバフチェ宮殿)2

儀式の間(ドルマバフチェ宮殿)

40×45メートルの空間と56本の柱からなる 中央には重さ5トンのシャンデリアが吊り下げられている

儀式の間(ドルマバフチェ宮殿) (2)

青の間(ドルマバフチェ宮殿)

青の間(ドルマバフチェ宮殿)
ドルマバフチェ宮殿 内部

アタチュルクの執務室(ドルマバフチェ宮殿)

1938年 アタチェルク(57)はこの執務室で亡くなった。

部屋の時計は今でもアタチュルクが亡くなったのと同じ時刻9時5分を指して止まっている。

アタチュルクの執務室(ドルマバフチェ宮殿)
アタチュルクの執務室 (2)
アタチュルクの執務室2

  

ヴァレンス水道橋(イスタンブール)

4世紀のビザンツ時代 時の工程が街の水を確保するために造った 長さ1キロの水道橋(現在は800メートル)

100キロ離れた水源から水道橋を通ってイスタンブールに生活用水が運ばれた。

水道橋で運ばれた水はいったん地下の貯水庫に貯められ その後 各地へと送られていった。

現在は遺跡保護の為 水道橋の上には登れない。

ヴァレンス水道橋(イスタンブール)橋の上
ヴァレンス水道橋(イスタンブール)2
ヴァレンス水道橋(イスタンブール)
ヴァレンス水道橋
ヴァレンス水道橋 (2)
イスタンブールの水道橋
イスタンブール水道橋
イスタンブール水道橋 (2)
イスタンブール 水道橋
水道橋(イスタンブール)
水道橋の夜景(イスタンブール)

バシリカ シスタン(地下の貯水槽 又は地下宮殿)

旧市街にある アヤソフィアとブルーモスクの間に建つ小さな建物の地下にある

4~5世紀 ビザンツ帝国時代に造られ その後オスマン帝国が使用

長さ135~140メートル 幅65~70メートル 高さ8メートル 

内部には大理石の石柱が336本立っている

エジプト他 世界各国から集められた石を使用している

そのため大きさや形もバラバラで様々な模様の石が存在する 

中には古代遺跡の柱を外し運ばれた石材もあった。

メドゥーサの頭(柱)もそのうちの一つ

100キロ離れた森から水道橋を通って運ばれてきた水はいったんここに貯められていた。(又は20キロ離れた黒海から運ばれていた)

ビザンチン時代 地下には3か月分の水(78000~10万トン)を貯められる大空間からなる貯水槽が整備された

このビザンチン最大の貯水湖から各地へ水が配給されていた。

バシリカ シスタン(地下宮殿)
バシリカ シスタン地下宮殿
バシリカ シスタン(地下宮殿の入り口)
バシリカ シスタン2
バシリカ シスタン

地下貯水庫内のメドゥーサの頭の像(エジプト産の石を使用)
 

顎を上に上下逆さに置かれた頭の像

なぜならメドゥーサの頭を直視してはならない為

伝説では彼と目を合わせた物は 皆 石にされてしまうと言う

メドゥーサは人の姿をした怪物 ただ髪の毛だけは蛇で出来ている

1984年までメドゥーサの頭は高さ2メートルの泥の中に埋まっていた。

メドゥーサの頭2
メドゥーサの頭(絵)
メドゥーサの頭の像 (2)
メドゥーサの頭


<目次>
1イスタンブールの基本&レストラン情報
2アヤソフィア
3ブルーモスク
4トプカプ1(豪華な宮殿の内部)
5トプカプ2(宝物殿とハーレム)
6ドルマバフチェ宮殿とヴァレンス水道橋
7ガラタ地区(金閣湾)
8ボスポラス海峡とテオドシウス大城壁
9イスタンブールの博物館&モスク
10市場(トルコ絨毯)
11イスタンブール郊外