テスト

インドネシア スマトラ島〃ブキッラワン〃のグヌンレウセル国立公園ではオラウータン マレーサイほかスマトラゾウに乗ってトレッキングが出来ます。

スマトラゾウ (1)
スマトラゾウ (2)
グヌンレウセル国立公園(オラウータン他スマトラゾウ マレーサイなどが生息)
 

タンカハン (ゾウに乗ってのトレッキング 宿泊施設あり)

スマトラ島のお隣 ジャワ島では昔 ジャワトラがいましたが残念ながら今は絶滅してしまいました。

ジャワトラ(かつては多くいたジャワトラは絶滅してしまった)

一方 スマトラ島では一時は密漁で数を減らしたものの まだスマトラトラが400~1000頭ほど生息しています。

30年ほど前の話ですが スマトラ島では当時はまだ車も少なく 車よりスマトラトラのほうが多かったため

交通事故で亡くなる人の数よりトラに襲われて亡くなる人の数のほうが多かったそうです。

しかし当時からスマトラトラは もう既に絶滅危惧種に指定されていたため もし仮に人がトラに殺されても人が虎を殺す事は出来なかったそうです。

人々はトラを傷つけずに捕獲し動物園に売るか または人の住まない場所に移動させるしかありませんでした。

それでも虎は漢方薬(主に性欲剤)の材料になったりトラの毛皮は20万円ほどで取引されるなど儲けになったため密漁者が横行していたそうです。

スマトラトラ (1)
スマトラトラ (2)

また同じスマトラ島でもグヌンレウセル国立公園より少し離れたところにあるワイカンバス国立公園にも2500~4000頭ほどのスマトラゾウが生息しています。

ワイカンバス国立公園

スマトラゾウもスマトラトラ同様 個体数を減らし続けているそうです。スマトラゾウは昔 海面が低かったころ歩いてスマトラ島にたどり着いたとされてます。

そんなスマトラゾウは一日に なんと200~300キロも食べるそうです。妊娠期間は22か月で授乳期間は4年もあるそうです。

<目次>
1スマトラ トバ火山の大噴火!
(7万年前に起こった人類滅亡の危機!)
 
2スマトラ島の基本情報
3スマトラ島の観光情報
4スマトラ島の野生動物について
5カリマンタン島の基本情報