テスト

9月25日 東京の日比谷公園では小雨の中 なんと千人を超える人の行列が出来てました。その行列の先に見えたのは数十名からなるオーケストラとチアガールそして一軒の洋食屋でした。
その大型ホテルのように大きな洋食店は創業1903年(明治36年)の老舗(しにせ)〃松本楼〃でした。

そしてその日は毎年一回行われるカレーライス一杯10円のチャリーティーイベントの日でした。
実はその老舗(しにせ)洋食レストランは過去に孫文(中国の偉い革命家)や胡錦濤(こきんとう=元中国のリーダー)ほか夏目漱石(千円札の人)など凄い人が多く来店しています。

しかし1923年(約70年前)に関東大震災で焼失し さらに1971年(約50前)のときも暴動事件に巻き込まれ全焼してしまいます。その時の暴動の内容は沖縄返還協定反対デモだったそうです。

そして暴動から2年後の9月25日新たに建てられたレストランを記念して毎年一回そのイベントを開催しているのでした。
明治時代から受け継がれてきた伝統のカレーは独自に配合したカレー粉を小麦粉で炒め 牛肉 玉ねぎ ニンジンしょうがを入れて3日間じっくり煮込んだ本格的なカレーです。

その日ハイカラカレービーフ1杯10円(※普段は880円)は なんとたった2時間で1500人前を完売したそうです。なお売り上げは全て寄付に回されるそうです。

老舗洋食店のカレーが一杯10円で食べられるチャリティーイベント (1)
老舗洋食店のカレーが一杯10円で食べられるチャリティーイベント (1)
老舗洋食店のカレーが一杯10円で食べられるチャリティーイベント (2)
老舗洋食店のカレーが一杯10円で食べられるチャリティーイベント (3)

ーーーーこのあとカレーと出会うために生まれてきた漬物がやっと待ちに待った日の目を見る事となります。

つづきをどうぞ