テスト

得勝堡(市内から42キロ) 遺跡の中にある城壁で囲まれた100件ほどの町 昔は長城を守る兵士の駐屯地 茶馬交易 今は貧しい人々が暮らす農村
高さ10メートル 周囲6キロの城壁 中には4万人の人が暮らす 明代 72個の見張り台があった
黒龍陵(りょう 寺)黄河で洗濯 

得勝堡(遺跡の中にある城壁で囲まれた100件ほどの町)2
得勝堡(遺跡の中にある城壁で囲まれた100件ほどの町)


ヤオトンでの住まい 各家庭に貯水用の壺がある
みん尖(先のとがった面) 夏は40度 冬は-20度 夏は40度 
砂漠化が深刻 あるところでは土地がやせ植物が育たんくなったので引っ越した。 砂が家を覆いつくすところも 深刻な水不足
黒酢の産地  

(麺料理)
〇元のころモンゴル軍に包丁を奪われた一般人が鉄板を使って作ったのが刀削面の始まり
紅旗大飯店(刀削面の高級店)東方削面館 頭に面の塊を乗せ両手を使って削る刀削面もある  ハサミでチョキチョキして作る麺もある
猫の耳の形をした面(マオアルド) 打るー麺 砂鍋 春雨 ジャガイモで作った帯状の麺 面のこま切れをチャーハンのように炒める
剔ティー尖麺 橋で弾き飛ばして作る麺
麺教育専門学校 期間は2年間 名人ルーオンハイ 面大王 特一級麺点師 龍髪麺は針の穴に22本の麺を通すほど細い

龍髪麺
中国 龍髪麺

あまりに細いため湯の中に入れるとそのまま溶けてしまう 油で揚げて砂糖をかけたりして食べる
面点師は6階級に分かれる
黄豆麺 穴から押し出して作る麺 粉条(春雨)ユウ麺 ネズミのしっぽのような麺
擦面 擦って押し出す麺

太原 けんつう寺 文殊菩薩像

②山西 刀削麺

<中国 華北 目次>
1 北京 万里の長城(司馬台長城 八達長城) 故宮 天安門 頤和園 明の十三陵
2 河北省 河北省 (長城の東の果て 海に面した長城)
3 河北省 避暑山荘 (チベットやモンゴル族との友和のために作られた)
4 河北省 張家口 (大境門長城 張家口堡 打樹花)
5 河北省 壩(ば)上草原 清東陵(第6代 乾隆帝の墓)
6 河北省 広府(城壁で囲まれた町) 呉橋(雑技のふるさと) 唐山市 燕山山脈
7 山西省 大同 (雲岡石窟 懸空寺 岸壁に築かれた寺)
8 陝西省と山西省 (壺口ここう瀑布 黄河の大滝 清涼山 万仏寺)
9 山西省 平遥古都 ( 灰色瓦屋根の古い町並み 700年続く城壁都市)
10 山西省 五台山 ( 5つの峰からなるチベット仏教の聖地)
11 山西省 得勝堡 ( 遺跡の中にある城壁で囲まれた100件ほどの町)
12 内モンゴル (カラ・ホト遺跡 ゴビ砂漠 エチナ川)
13 内モンゴル (フルンボイル ノモハン 戦争の跡) 
14 <華北地方>北京、山西省の追加情報!