テスト


バルト三国 エストニアの基本情報

skype(インターネット動画)発祥の国 ソビエト連邦崩壊後15に分かれた国の一つ

ソ連解体後で出来た15か国

(電子部品やITに強い国)ソ連時代エストニアは電子特区に指定されていた

海外から輸入した近代兵器をエストニアで分解し技術を習得していた 当時からエストニア人は電子機器に強かった

独立後には IT立国を推進し IT先進国となる 最先端の電子国家でもある

2007年世界で初めてネット投票が行われる 国民の個人情報はインターネットで すべてデータ化されている 

さらにデーターは外国にコピー保存してある

もし仮に国を乗っ取られてもネット上に存続できるようにするため 過去何度も国を乗っ取られた経験から来ている

  エストニアの基本 に関するさらに詳しい情報は こちらをご覧下さい。


エストニアの歴史

(歴史)
エストニアのあたりに人が住み始めたのは 氷河期が終わった紀元前7500年頃 
13世紀(1219年) デンマークや十字軍 さらにドイツ騎士団が進出し それらの支配下にはいる
ドイツ人の多くは商売で成功し のちにバルトドイツ人となる
14世紀(1346年)デンマークは財政立て直しのためにエストニア北部の領土をドイツ騎士団に売却する 

  エストニアの歴史 に関するさらに詳しい情報は こちらをご覧下さい。


首都タリン

タリン 13世紀 デンマーク(エストニア領)
タリン 13世紀 デンマーク支配下のエストニア
マルガリータ 13世紀 デンマーク支配
タリンの見張り塔 (2)
ヘルマンの塔2
トームペア 
 

 エストニア タリン  に関するさらに詳しい情報は こちらをご覧下さい。


エストニア その他の名所

ピュフティツァ修道院 帝政ロシア ロマノフ朝(エストニア領)
アングラ風車群 19世紀 帝政ロシア ロマノフ朝(エストニア領)
クレサーレ城 14世紀 ドイツ騎士団(エストニア領)
カーリ クレーター

 エストニア その他の名所   に関するさらに詳しい情報は こちらをご覧下さい。


ラトビアの基本情報と首都リーガ

全人口の3分の1が首都リガに暮らしている  バルトのパリと呼ばれている
ドイツ人によって築かれた町で ハンザ同盟の有力都市として栄えた 町全体が世界遺産でもある

ラトビア リガ
ブラックヘッドの会館 15世紀 テッラ・マリアナ
リガ(ブラックヘッドギルド) (3)

(三人兄弟 tris brali)

一番古い兄貴と言う建物は15世紀に建てられた 当時窓の大きさで税率が決まっていたため建物のわりに窓が小さいのが特徴

3人兄弟 15世紀~17世紀 テッラ・マリアナ
猫の家 kaku nams
聖ヤコブ教会 ヤーカバ教会  
 
聖ヤコブ教会 ヤーカバ教会  svjekabakatedrale 13世紀 テッラ・マリアナ
トゥライダ城 13世紀 テッラ・マリアナ
トゥライダ城 13世紀  テッラ・マリアナ
ツェースィス城址 13世紀 テッラ・マリアナ
ツェースィス城址cesu pilsdrupas
ルンダーレ宮殿 黄金の広場
ルンダーレ宮殿 18世紀 帝政ロシア ロマノフ朝
聖ヨハネ教会 13世紀 テッラ・マリアナ
バウスカ城 15世紀 テッラ・マリアナ

ラトビア に関するさらに詳しい情報は こちらをご覧下さい。


リトアニアの基本情報

(基本情報 )

国民の80%がキリスト教徒(ローマカトリック) 民族はインドヨーロッパ系でヒンドゥー教徒の共通点も多い

ヨーロッパでは一番最後にキリスト教を受け入れた国 かつてはヨーロッパ全土を収める大国だった時代もある

(料理)

リトアニアでは豚肉がよく食べられる 耳まで食べる

豚の脂身のスライス ウオッカのつまみに最適 

ピンクボルシチ
ツェペリナイ

 リトアニアの基本情報  に関するさらに詳しい情報は こちらをご覧下さい。


首都ビリアス

バルト三国で唯一 港のない内陸に栄えた首都  街は14世紀(1320年)にできた 町全体が世界遺産

またバルトの他の首都と違いドイツ商人の影響をほとんど受けなかった

街には40の教会があり 教会の密度が高い 街は19世紀の初めまで城壁に囲まれていた 今は撤去されている

ビリニュス vilnius
ヴィリウス教会

(トラカイ城  トゥラカイ trakai)

森に囲まれた湖の水面に浮かんでいるようなお城 中央に広場が設けられた集落のような造り

14世紀にスウェーデンの騎士団の侵略を防ぐために作られたお城

トゥラカイ2
トゥラカイ
トゥラカイ 14世紀 ポーランド リトアニア共和国
トゥラカイ3

(社会主義博物館)

スターリン レーニン像 労働者の力強い像 

民主化以降 無用となったそれらの像を展示する社会主義博物館がリトアニアにある

グルータス 社会主義博物館
社会主義博物館
アルキカテドゥラ大聖堂 arkikatedra bazilika13世紀 リトアニア大公国
アルキカテドゥラ 13世紀 リトアニア大公国
ヴィリニュス 王宮 valdovu rumai
聖カジミエル教会 sv kazimiero bazncia
ゲディミナス城3
ゲディミナス城2
聖アンナ オノス 教会 sv onos baznyca
聖ヨハネ ヨノ教会 sv jono baznycia 14世紀 ポーランド リトアニア共和国
ヴィリニュス 旧市庁舎 rotuse

(琥珀博物館 )

樹液が飴玉のように固まった琥珀 数百年かけて固まったもの

館内には4万典の琥珀を展示している 紀元前7世紀には琥珀をお金代わりに使っていた

リトアニア産の琥珀
琥珀

 首都ビリアス  に関するさらに詳しい情報は こちらをご覧下さい。


ビリアス郊外

第9要塞博物館 
第9要塞博物館 強制収容所
外交官 杉原千畝
杉浦記念館
聖ペトロ教会 13世紀 テッラ・マリアナ
聖ペトロ教会 苦灰岩で出来た門
聖ペトロ&パウロ sv petro ir povilo
パリジャイスルス修道院 18世紀 帝政ロシア(リトアニア) 

 ビリアス郊外  に関するさらに詳しい情報は こちらをご覧下さい。


十字架の丘

19世紀(1831年)に作られた特別な墓地 丘の上に置かれた十字架の数は5万~10万個

帝政ロシア統治時代 弾圧にあい犠牲となったリトアニア人のために建てられたのが始まり

ソ連政府の宗教弾圧が原因で1961年には すべての十字架はブルドーザーで なぎ倒された その後も何度も撤去されたが 

今ではリトアニア人の愛国心を象徴する場所となっている

今でも世界中から多くの人が訪れ十字架を立てていく

十字架の丘  19世紀 帝政ロシア(リトアニア)
十字架の丘 kryziu kalnas


クルシュー砂州(リトアニアに囲まれたロシア領の飛び地)

ロシア本土から離れていて周りをリトアニアに囲まれた飛び地(ロシア領)にある世界遺産

全長100キロの砂山 そのカリーニングラードはソ連から独立した国々に囲まれた地域 住んでいる人々はみんなロシア人

ロシア本土よりポーランドやとの繋がりが深い 旧ソ連の軍艦 ヴィチャージ号 旧ソ連の軍艦

クライペダ2
クルシュー砂州

その他の名所   に関するさらに詳しい情報は こちらをご覧下さい。