テスト

紀元前35世紀

バンチェン遺跡バーンチアン 紀元前35世紀 国家創生以前のタイ

バンチェン遺跡バーンチアン

紀元前40世紀

紀元前40世紀(約6000年前) タイとラオス(ビエンチャン)の国境近くの町 ウドンタニーに約6000年前に書かれた壁画が残っている

ウドンタニーの歴史遺産

紀元前20世紀

紀元前20世紀(約4000年前)タイ東北部ウボンラーチャターニー県 約4000年前に書かれた壁画が残っている

その頃 タイでは青銅器文化を持った集落があったとされる 稲作もそのころから行われていた

2000から3000年前の壁画

紀元前10世紀

(ケーンタナ国立公園 奇岩) 2000から3000年前の壁画 

ケーンタナ国立公園

紀元前3世紀

タイ北部で製鉄が開始される 製鉄技術はその後 中国南部やベトナム北部に拡散した

紀元前2世紀

海のシルクロードを航海し中国からインド 地中海を結ぶ東西交易がタイを経由し行われていた。

5世紀

450年 現在のタイ(東側)とラオス カンボジアの領土を要するラヴォ王国(のちのアユタヤ王国)が誕生する。

ラヴォ王国はクメール(カンボジア)から独立したモン族からなる王朝で都はタイのロッブリーに置かれた 

ラヴォ王朝は14世紀末まで実に900年近く続く長い王朝

6世紀

 6世紀~11世紀 タイ中部にモン族が起こしたドヴァーラヴァティー王国が誕生する モン族は現在 ミャンマーに800万 タイに10万人ほど暮らしている※中国やベトナムに生息するミャオ系のモン族とは全くの別種類※

モン族(クメール系)

7世紀

7世紀 インドネシア スマトラ島にあった シュリーヴィジャヤ王国(ヒンドゥー教 仏教)はタイ南部 マレー半島まで広い範囲を支配していた シュリーヴィジャヤは のちにシャイレーンドラ朝と名を変える

シュリーヴィジャヤ(インドネシア)の支配地域

661年(又は750年) タイ北西部にモン族の国家 ハリプンチャイ王国が立ち上がる

ハリプンチャイ王国

9世紀

859年  ミャンマーにあったピュー王国(驃国)は南詔(中国 雲南チベットビルマ系)により滅ぼされる 

南詔はタイ ラオス カンボジアまで攻める モン族とピューの人々は雲南へ強制移住させられた

さらに南詔は当時 唐(中国)の領土であったベトナムの交州(ハノイ)まで攻め落とした

当時 唐は紅巾の乱でなすすべもなかった。

南詔国(大理

9世紀末の遺跡 プレアビヒア(カンボジアタイ国境)※タイ名(カオプラウィハーン 領土問題を抱える世界遺産 

軍事施設内にある遺跡 目玉は崖からの絶景  その後 クメール人とモン族の戦いは何度も起こるが クメールの勝利で終わる

プレアビヒア
プレアビヒア3
プレアビヒア 崖からの絶景

10世紀

10世紀から200年間 タイはクメール アンコール朝(カンボジア)の支配を受ける

11世紀

1002~1050年ごろ タイはチャオプラヤー川 流域までクメール(カンボジア)の支配下に置かれる クメールの支配は13世紀まで続く

アンコールワットで有名なカンボジア

11世紀 タイ人の中で85%を占める タイ族の起源は中国の長江流域とされている 11世紀 中国にいたタイ族が漢民族の圧迫を受けタイの地に逃れる そして そのままタイ族はタイに定住し始める

タイ族

1094年 タイにパタヤ王国が建国される

パッタヤー(パタヤ)

12世紀

1113年、スーリヤヴァルマン2世がアンコールワットほかアンコール遺跡群や タイのピーマイ遺跡など数多くのヒンドゥー寺院を手掛ける

ピーマイ遺跡(タイ)

ジャヤヴァルマン7世(カンボジア クメール人)はタイ東北部 ラオスやベトナムにまで領土を広め仏教の影響を強く受ける

そのころアンコール(ヒンドゥー教)遺跡に仏教のレリーフが加えられる 

13世紀

1238年 スコータイ王朝(タイ)がアンコール王朝(カンボジア)から独立 タイ族初の王朝となる スコータイとは幸福の夜明けを意味する

スコータイ(タイ)

1283年 アンコール王朝(タイ ラオス カンボジア)はモンゴル帝国の侵略をうけるが その後 元(モンゴル)の属国になることで存続を保った

モンゴル騎馬隊

1292年 又は1259年)タイのラーンナー王国(のちのチェンマイ王国)がアンコール王朝(カンボジア)から独立  

ラーンナー王国(タイ チェンマイ)が建国される ラーンナー王朝は700年の歴史と100を超える寺院

ランナー王国(チェンマイ)

タイのミャンマー国境近くにあった小国ハリプンチャイ王国はタイ族の国家 ラーンナー王国(チェンマイ)に滅ぼされる 

同年 1292年  スコータイ王朝がタイ文字を発明する

 

タイ文字 クメール文字を改良して造られた

13世紀末 タイ スコータイ時代  タイに上座部仏教(南伝仏教)が伝わる

上座部仏教

1296年には城壁都市 チェンマイが築かれる

チェンマイ 城壁都市

ロッブリー(バンコクから150キロ) 13世紀の寺院が多く残る

ロッブリーの猿2

14世紀

1338年 ラーンナー王国(タイ チェンマイ)はパタヤ王国(同じくタイ)を併合する

1351年 アユタヤ王朝が成立する その三年後には隣国ラオス(南部)でラーンサーン王国が建国される

タイ アユタヤ王朝
ラオス  ラーンサーン王国

1378年 スコータイ王国はアユタヤ王国に征服され属国となる 

14世紀 タイ アユタヤ遺跡 ワットプラ マハラタート 多くの仏像の首がビルマ軍の侵攻によりはねられている ところどころ黒焦げている 仏塔も倒壊 かつては黄金の仏塔が立っていた

ビルマ軍にの破壊を受けた仏像
ビルマ軍にの破壊を受けた仏像郡

ビルマがアユタヤを制圧(1回目)の時に建てられた仏塔 ワットプーカオトン など

ワットプーカオトン

15世紀

1431年~1438年  スコータイ王朝はアユタヤ王朝に滅ぼされる

スコータイ王朝の王位継承者が途切れ事実上スコータイはアユタヤ王国に吸収される

(同年) アユタヤ王朝(タイ)がアンコール朝(カンボジア)に攻めて来る 首都アンコール トムは陥落し アンコール朝は滅亡した

アンコールトム(カンボジア)

1440年代 ラーンナー王国(チェンマイ)はプレー王国やカーオ王国と言ったタイにあった小さな王国を併合していった

1450年から アユタヤとチェンマイの王朝の間で戦争があった

15世紀 アユタヤの町に日本人が移住する

アユタヤ 日本人街

16世紀

16世紀のアユタヤ時代にできた寺院 ワットアルン=マルコポーロの像 三島由紀夫の小説に登場 三島はクーデター未遂で死亡

ワットアルン

16~17世紀 アユタヤ王朝でベンジャロン焼きが造られた

ベンジャロン焼き

1511年 マラッカ(マレーシア)を占領したポルトガルが外交使節をアユタヤ(タイ)に送った タイの歴史上初めての欧米勢力との接触だった

1516年 再びポルトガルの使節がアユタヤ(タイ)を訪れ アユタヤ国内の通称許可を求めた

1523年 ラーンナー王国(チェンマイ)はチェントン(ミャンマー)出兵し大敗を期す

1524年 タイに水害が発生し多くの被害者を出した

16世紀に建てられたパタニ最古の煉瓦モスク 巨大涅槃仏

パッタニー
パッタニー ハジャイの涅槃物

1548年 タウングー王朝(ミャンマー)とアユタヤ王朝(タイ)の間に1回目の戦争が起こる 緬泰戦争(又は泰緬戦争) 

戦闘の切っ掛けはアユタヤで起こったクーデターに目を付けたタウングー王朝(ミャンマー)が領土拡大をたくらみ軍事介入してきたことに始まる

タウングー王朝はポルトガルの傭兵からなる鉄砲隊700人を雇った 一方アユタヤ王朝も防衛のためにポルトガル人の傭兵を起用する 

戦闘の結果はアユタヤがタウングー王朝(ミャンマー)の侵入を防ぎアユタヤ王朝の勝利

両国の戦争は19世紀まで19回も起こった

1557年 タウング王朝(ミャンマー)によりラーンナー王国(タイ チェンマイ)が陥落する

1563年~翌年にかけて すでに占領し終えたラーンナー王国(タイ チェンマイ)の軍を引き連れタウング王朝(ミャンマー)が再びアユタヤ王朝(タイ)へ攻め込んできた そしてそのままアユタヤを占領する 

タイやラオスを支配下に置いたタウング王朝(ミャンマー)は中国雲南省 景紅のシップソンパーンナーを支配下に置く

タウング王朝 全盛期の領土

1581年 アユタヤ王朝はタウング王朝(ミャンマー)からの独立を果たす。

1592年 オランダがアユタヤに使節を送り通称許可を取得し米の輸出に関する大きな影響力を得る

<目次>
追加情報 タイの歴史1
追加情報 タイの歴史2
1 基本情報
2 バンコク市内 
3 バンコク郊外~水上マーケット メークロン市場ほか~
4 アユタヤ遺跡
5 スコータイ
6 カンチャナブリ
7 クラビー
8 チェンマイ
9 ナコンラチャシーマ
10 スリン
11 ロッブリー
12 ノンカイ ウドンタニー
13 サンクラブリー
14 パッタヤー
15 チェンライ
16 ウボンラチャターニー
17 メーホンソーン&タートパノム&カオヤイ自然保護区
18 その他の名所