テスト

紀元前6世紀

紀元前6世紀 ヤンゴンのシュエダゴンパゴダには紀元前6世紀のお釈迦様の毛が納めれれている

シュエダゴンパゴダ2
 

紀元前2世紀

紀元前2世紀 ビルマ(ミャンマー)南部にモン族(クメール系)が定住し始める ※中国 ベトナムに多く住むミャオ系のモン族とは別物※

モン族(クメール系)

そのころ古代インドの上座部仏教(南伝仏教)が伝わる ※日本とベトナムは大乗仏教(北伝仏教)

上座部仏教

1世紀

1世紀から8世紀にかけてビルマ エーヤワディー川の中流域あたりにピュー族が住み始める この時代 ビルマ族以外の様々に民族がビルマに住んでいた

エーヤワディー川の地図
エーヤワディー川
ピュー族の遺跡

6世紀

6世紀 めがねを付けた大仏がシュエ ダウン村  ピィpyayに作られる 

ピィpyay シュエ ダウン村 

7世紀

7世紀 ミャンマー北部にピュー人が都市国家を形成する 南部にはモン族が都市国家を形成していた

8世紀

8世紀 雲南全域を統一したチベットビルマ系民が南詔国を作り大理を都にした。

雲南全域を統一した民族が南詔国(8世紀 チベットビルマ系民族の国)を作り大理を都にした。

大理(中国)

9世紀

9世紀 ビルマ族の入植もこのころから始まる

ビルマ族は 紀元前 中国 青海省の あたりで暮らしていたチベット族が起源だとされている 現在 ミャンマー人の70%がビルマ族

ビルマ人

ピュー(驃国)は南詔(中国 雲南)により滅ぼされる 南詔はタイ ラオス カンボジアまで攻める モン族とピューの人々は雲南へ強制移住させられた

10世紀

994年 バゴーに黄金の涅槃仏が建てられる  映画ビルマの竪琴に登場する

バゴー 黄金の涅槃仏

10世紀末 ヤンゴンにモン王国のミガディパ王がシュエターリャウン(涅槃像)を建立 もともとインド風に作られたが のちにミャンマー風の作り変えられた

シュエターリャウン
 

11世紀

1044年 南詔の支配下にあったビルマ(ミャンマー)でビルマ族が密かにパガン王朝を樹立した。 ビルマ人による最初の統一王朝

1045年に部族を統一させパガン朝が誕生した 王朝は200年間栄えた ビルマ族初の王朝 

11世紀 パガンはビルマ最初バガン王朝の首都だった

 ミャンマー パガン

11世紀 海底から大きな岩が引き揚げた その大きな岩がそのままゴールデンロックとなった

チャイトー ゴールデンロック2

13世紀

1277年 から10年に渡り元緬戦争(モンゴルのビルマ侵攻)が行われる パガンの戦いでビルマ軍は敗北する ビルマ北部を元(モンゴル)が支配する 当時ビルマ北東部にはタイ系民族のシャン族が多く暮らしていた

モンゴル軍

1287年 下ビルマ(ミャンマー南部と西部)でパガン王朝から独立する形でモン族からなるペグー王朝が建国する

ペグー王朝(ミャンマー)

14世紀

1314年 バガン王朝は元(モンゴル)に滅ぼされる

14世紀 インワはシャン族(タイ系)の遺跡

インワ

14世紀 タイ アユタヤ遺跡 ワットプラ マハラタート 多くの仏像の首がビルマ軍の侵攻によりはねられている ところどころ黒焦げている 仏塔も倒壊 かつては黄金の仏塔が立っていた

ワットプラ マハラタート 提樹(ぼだいじゅ)の木に埋もれた仏像の頭

ビルマがアユタヤを制圧(1回目)の時に建てられた仏塔 ワットプーカオトン など

ワットプーカオトン

1385年 上ビルマ(ミャンマー中央部)ではタイ系のシャン族ペグー王朝を攻撃した ミャンマー全土が内戦となる

15世紀

1486年 パガン王朝のビルマ族移民が起こしたタウング王朝が誕生する  タウング王朝はヨーロッパとの交易で栄え ポルトガルの傭兵を雇う

タウング王朝 全盛期の領土

16世紀

16世紀 ポルトガルから大砲や鉄砲の武器が伝わると3国(アユタヤ クメール ビルマ)の争いは一層激しくなった 城壁が築かれた

16世紀半ばビルマがアユタヤを制圧 しかしその後アユタヤが領土を再び取り戻す

1557年 タウング王朝(ミャンマー)によりチェンマイ(タイ)が陥落する

1559年 タウング王朝は東インドのあたりまで勢力を伸ばす インドとミャンマーの国境 マニプールを併合する

1560年 ランサーン王国はタウング王朝(ミャンマー)との戦いに備えて首都をルアンパバーンからビエンチャンへ移す

1570年、アユタヤ王国(タイ)はタウング王朝(ミャンマー)によって滅ぼされる

1571年 タウング王朝(ミャンマー)がランサーン王国の首都ヴィエンチャンを攻めたが、食糧補給路の確保に苦慮し、撤退していった

1574年 ランサーン王国の首都ヴィエンチャンはタウング王朝(ミャンマー)に攻められ陥落する 

ランサーン王朝(ラオス)はタウング(ビルマ人)支配のもとで存続を続ける

タウング王朝(ミャンマー)は中国雲南省 景紅のシップソンパーンナーを支配下に置く

タイ族 水かけ祭り

17世紀

1612年 チッタゴンを除くバングラデッシュ
とタウング王朝(ミャンマー)はインドのムガル帝国(イスラム)の支配下に置かれる タウング王朝(ミャンマー)は衰退する一方 モン族とシャン族からなるペグー王朝は息を吹き返した

ムガル帝国時代のラールキラー

17世紀初頭 ランサーン王国(ラオス)はタウング王朝(ミャンマー)の支配から脱却する

1662年 タイ アユタヤ王朝はビルマ(ミャンマー)のペグーを攻め落とした その時代 アユタヤ王朝は最盛期を迎える

18世紀

18世紀 ミングォン(遺跡) 

ミングォン

18世紀 バングラデッシュにあるコックスバザール海岸(全長120キロの世界一長い海岸)はビルマの統治下にあった 

コックスバザール海岸(全長120キロの世界一長いビーチ)

18世紀 カーヴィラ王(タイ)はビルマ(ミャンマー)からチェンマイ(タイ)を奪還 

1752年 タウングー王朝はペグー王朝により滅ぼされる

1754年 コンパウン王朝(ミャンマー)と言う新たな勢力が立ち上がりペグー王朝(ミャンマー)を撃退する そしてマンダレーを首都に置いたコンパウン王朝がビルマを再統一した 

1765年 国土復帰を願ったシャン族(タイ系民族)が中国へ行き清朝に助けを求めたため清緬戦争(中国VSミャンマー)が勃発した

戦闘は清朝の4度の進行を すべて退きコンパウン王朝(ミャンマー)の勝利で終わった

1757年 バゴーの町は崩壊し密林におおわれる

1766年 コンパウン王朝(ミャンマー)はアユタヤを攻める

1777年 ビルマ(ミャンマー)が再びシャム(タイ)に攻め込んでくるがシャム王国はビルマの軍勢を撃退する

18世紀1年2か月の戦争ののちアユタヤはミャンマーに滅ぼされる

18世紀 ビルマによって滅ぼされた タイ アユタヤ王朝

<目次>
追加情報 ミャンマーの歴史1
追加情報 ミャンマーの歴史2
1ミャンマー 基本情報
2パガン遺跡
3古都マンダレー(インワとミングォン遺跡)
4インレー湖とカックーkakku
5ヤンゴン
6ゴールデンロック(チャイトー)
7ピィ遺跡
8ゴッティ鉄橋(ティボー)と古都ミャウー
9モンユワとパテイン
10モーラミャインとメイッティラーとミッチーナー
11ミャンマーその他の名所